TOP INDEX
鉢花総合INDEXへ!
カランコエ NGインパチェンス 羽衣ジャスミン ボロニア クンシラン
ハイビスカス ブーゲンビレア ランタナ ゼラニューム・ペラルゴニューム
デンマークカクタス リンドウ アザレア
シクラメン ポインセチア プリムラ3品種 リーガーベゴニア
周年 セントポーリア ガーベラ アナナス類
その他鉢花1234 参考に!草花苗品種別育て方1234


一般鉢花の管理方法



セントポーリア

棚下に植えている『セントポーリア』
棚下に植えています。


原産地は、
東アフリカのタンガニーカ地方の涼しい気候の高原地帯です。


 年間の管理方法

 置き場所

直射日光より、
レースのカーテン越しで明るい室内を好みます。
時々鉢の向きをかえて株全体に光が当たるようにすると
葉の大きさが揃い、バランスの良い株に育ちます。
また、
頻繁に場所を移動させると馴化出来ず
セントポーリアが落ち着いて生育出来ませんから、極力避けて下さい。

一般的に購入したての鉢は、一旦花持ちが悪くなりますが
徐々に新しい環境になれるに従い、元気になります。

温度は20℃前後が最適で、春と秋は生育期です。
夏は
高温の為に株が弱りますので、出来るだけ涼しい場所で管理し、
冬は最低10℃以上あれば咲き続けます。
(四季咲性だから適温を保てれば、一年中咲きます。)

咲き終わった花は、摘み取ってください。

水やり

春〜秋
水のやり過ぎは禁物です。
鉢土の表面が乾いてきたら、花や葉にかからない
ように株元へ、鉢底から流れるほどたっぷり与えて下さい。

 
寒い時期は、ぬるま湯(20〜30℃)を、
鉢土が乾き2〜3日して暖かい日の午前中に与えて下さい。
底面吸水式で受け皿が付いている場合はそこに注ぎますが、充分土が
  湿ったのに受け皿にまだ水が残っている時は捨てて下さい。
  適温の20℃を保てない時は、乾燥気味に管理した方が無難です。
  
肥料

1.四季を通じて次々と花を咲かせる為には、栄養補給が必要です。
液肥を原液なら2000倍に薄めて1週間〜10日おきに
花や葉にかからないように株元へ、鉢底から流れるほどたっぷり与えて下さい。
  真夏と適温を保てない冬は、必要ありません。  

2.底面吸水方式での液肥は、同様に薄めたものを受け皿に注いで下さい。

殺虫・殺菌

セントポーリアには、
ハダニ類・カイガラムシが付きやすく株の中心部の葉が小さく縮れて
毛羽立ったようになり新葉の生長がとまったりします。
月1回の殺虫・殺菌をするだけで、イキイキ・ツヤツヤしてきますから、
是非下記の要領にて試して下さい。

鉢数が多い場合・・・(おすすめ!)

タケダのアクテリック乳剤(殺虫剤) 0.75ml
  〃  サプロール乳剤(殺菌剤)  0.75ml
の2種類を1リットルの水に混合して溶かし、
なるべく花にかけないよう、株全体を洗うように(霧吹きでスプレー)葉の裏までかけて、
更に、土の中までたっぷりかけます。

鉢数が少なくて上記が面倒な方は・・・

タケダのオルトランCスプレー(殺虫殺菌混合剤)を
ご使用下さい。



HOME
FLOWER SHOP EGUCHI