Excel 2016でドロップダウンリストから選択して入力する


スポンサードリンク


リストから選択して入力する 参照するリストの範囲に名前を定義する
テーブルを利用してリスト範囲を自動で伸ばす

リストから選択して入力する       Topへ

  1. リストからデータを入力するセルを選択します。(入力規則を設定するセルを選択します。)
  2. [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。
  3. データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。
    [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。
    元の値にリストに表示する値のセル範囲を指定します。
  4. ▼ボタンをクリックすると、設定したドロップダウンリストが表示されます。マウスで選択すると入力されます。
    キーボード操作なら[Alt]+[↓]キーでドロップダウンリストが開きます。[↓][↑]キーで選択して、[Enter]キーで入力します。

参照するリストの範囲に名前を定義する       Topへ

  1. リストの範囲を選択して、[数式]タブの定義された名前グループの[選択範囲から作成]を実行します。
    データ範囲の先頭行には定義する名前「九州」を入力してあります。
  2. 「上端行」にチェックが入っているのを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
  3. 入力規則を設定するセルを選択して、[データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。
  4. データの入力規則のダイアログで入力値の種類を「リスト」とします。
    元の値に定義した名前を入力します、ここでは「=九州」と入力します。
  5. ▼ボタンをクリックすると、設定したドロップダウンリストが表示されます。マウスで選択すると入力されます。
    キーボード操作なら[Alt]+[↓]キーでドロップダウンリストが開きます。[↓][↑]キーで選択して、[Enter]キーで入力します。

テーブルを利用してリスト範囲を自動で伸ばす       Topへ

ドロップダウンリストに使用するテーブルを作成します。

  1. テーブルにするデータ範囲を選択して、[挿入]タブの[テーブル]を実行します。
    または、ショートカットキー [Ctrl]+[T]キーを押します。
  2. 「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。
    (徳島は四国ですね・・・入力間違いです。見逃してください(-_-;)
  3. テーブルが作成できました。
  4. テーブルの名前は テーブル内のセルを選択すると、テーブルツール リボンが表示されます。
    [デザイン]タブのプロパティ グループのテーブル名に表示されています。
    なお、テーブルの名前を変更したいときは、このインプットボックスで編集することができます。

入力規則のドロップダウンリストにテーブルを設定する

  1. 入力規則を設定するセルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。
  2. 入力の種類で「リスト」を選択します。
    元の値に =INDIRECT("テーブル1[九州]") と入力します。
    テーブルの名前は "" でくくり、列見出しは[ ] でくくって指定します。
  3. テーブルの列の要素がドロップダウンリストに表示されました。
  4. テーブルにデータを追加すると、ドロップダウンリストにも追加されたデータが表示されます。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次Excel 2016でのデータの入力|Excel 2016でドロップダウンリストから選択して入力する