屋久島八万寿茶園のこだわりと品質

こんにちは、屋久島八万寿茶園です

命の島、神々の島、森の島、神秘の島。
島の東側、愛子岳の麓に私たちの茶畑があります。

ここは、寒暖の差があり お茶の栽培には適している場所です。
全ての畑(653a)が 有機JAS認定の園なので、安心して、飲んでいただけます。

環境にも配慮した、今時のそして、これからの農法だと考えています。

暑い盛りの草取り、園の周りの草刈、蓑虫が発生した場所は冬場に1つ1つ手で取り除きます。

そして、茶畑に飛んできた杉や雑木の枯れ葉取り、山野草をカッターにかけ畝間に敷きこみます。3月は、霜が降りないかハラハラし、4月の茶摘みを迎えられれば、自然と笑顔になります。屋久島に降り注ぐ、太陽と雨と風・・・

ここで育った茶樹の素朴な滋味あふれるお茶をお楽しみ下さい。

屋久島八万寿茶園

茶工場を含む全ての茶園(653a)が有機JAS認定です

有機栽培へのこだわり
八万寿茶園では、平成13年に茶工場を含む茶園全域にわたって有機JAS認定を取得しました。

自然の恵み100%。

化学肥料を一切使わずに、山野草堆肥、油かす、魚粉など、人と大地に優しい自然肥料だけで栽培しています。
有機栽培へのこだわり
お茶の栽培、製造、販売まで責任をもって力を注いでいます。

大量生産しない、限られた量のお茶だから、目と手と心が行き届くのです。

有機栽培へのこだわり
温暖な屋久島の気候を活かして、3月末から4月上旬に一番茶の収穫を行っています。

品種は「やぶきた」「ゆたかみどり」「あさつゆ」「めいりょく」を主に栽培しています。

農薬は一切使用していません。

農薬不使用へのこだわり
茶木は虫がつきやすいため、一般的な栽培では年に10回から20回、農薬が散布されます。

農薬は土中の生命の流れを遮断し、さらに茶木は根から農薬を吸収してしまいます。

一方、八万寿の茶畑は、100%無農薬茶園です。

農薬不使用へのこだわり
暑い盛りの草取り、園の周りの草刈、蓑虫が発生した場所は冬場に1つ1つ手で取り除きます。

そして、茶畑に飛んできた杉や雑木の枯れ葉取り、山野草をカッターにかけ畝間に敷きこみます。
農薬不使用へのこだわり
雨にも土にも農薬が含まれていないのは屋久島ならでは。

茶畑は屋久島の杉林を自分たちの手で開墾して作っており、周囲には田畑がなく、農薬が飛んでくる心配も全くありません。

南国の陽をいっぱい浴びた、とびっきり元気なお茶は、ピュアな大地に芽吹き、南国の陽をいっぱい浴びて、ぐんぐん育っていくのです。

■八万寿の屋久島茶 農薬残留分析結果■
分析試験項目 種類 分析結果
BHC 殺虫剤 検出せず
DDT 殺虫剤 検出せず
アルドリン 殺虫剤 検出せず
ティルドリン 殺虫剤 検出せず
エンドリン 殺虫剤 検出せず
カルパリル(NAC) 殺虫剤 検出せず
EPN 殺虫剤 検出せず
ダイアジノン 殺虫剤 検出せず
パラチオン 殺虫剤 検出せず
フェニトロチオン(MEP) 殺虫剤 検出せず
<平成10年10月分析/日本食品センター>