Word 2016で拡張書式の割注を使う


スポンサードリンク


割注を使う 割注を思いどうりの位置で折り返したい

拡張書式について       Topへ

割注を使う       Topへ

  1. 割注にしたい文字列を選択します。
    [ホーム]タブの段落グループにある[拡張書式]→[割注]を選択します。
  2. 対象文字列に選択している文字列が入力されます。
    「括弧で囲む」にチェックを入れると、括弧の種類を選択します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  3. 割注ができました。
    1行に2行の文字列となる文字の大きさで作成されます。
  4. 割注部分のフォントサイズを22ポイントにした例です。
    他の文字は10.5ポイントです。

割注を思いどうりの位置で折り返したい        Topへ

  1. 割注は選択した文字列の中央で折り返されますので、いと市内一で折り返されることがあります。
    思いどうりの位置で折り返したいときは途中にスペースを挿入する方法が考えられます。
    通常の文字列を割注にすると下図のようにあります。
  2. 下図の位置に全角のスペースを入力しました。(挿入しました。)
  3. 下図の位置に半角のスペースを挿入しました。
    すると、割注の1行目が均等割り付けで表示されました。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方Word 2016の使い方の目次 |Word 2016で拡張書式の割注を使う