ソースデータの行と列を切り替える:Excelの基本操作


スポンサードリンク


集合縦棒グラフをを作成する ソースデータの行と列を切り替える

集合縦棒グラフをを作成する      Topへ

  1. 下表のデータを使って、2019年4月〜6月の集合縦棒グラフを作成します。
    B C D E F
    2 2019年4月 2019年5月 2019年6月 合計
    3 みかん 65,000 90,000 85,000 240,000
    4 りんご 78,000 81,000 65,000 224,000
    5 バナナ 75,000 95,000 82,000 252,000
    6 92,000 81,000 88,000 261,000
    7 マンゴー 80,000 78,000 85,000 243,000
  2. グラフにするデータを選択します。ここでは、セル範囲B2:E7を選択します。
    セル範囲B2:E7をドラッグして選択するか、B2セルをクリックして、[Shift]キーを押した状態でE7セルをクリックします。
    ソースデータの行と列を切り替える01
  3. [挿入]タブの[縦棒/横棒グラフの挿入]→2-D縦棒の[集合縦棒]を選択します。
    ソースデータの行と列を切り替える02
  4. 集合縦棒グラフを作成できました。
    ソースデータの行と列を切り替える03

ソースデータの行と列を切り替える      Topへ

  1. 上記で作成した縦棒グラフは横軸(項目軸)に品名、各棒は月毎に表示されています。
    ソースデータの行と列を切り替える04
  2. 棒を品名に変更して、横軸(項目軸)に月 としたグラフに変更したいと思います。
    グラフを選択して、[グラフのデザイン]タブの[行/列の切り替え]をクリックします。
    ソースデータの行と列を切り替える05
  3. 横軸(項目軸)に月、各棒は各商品ごとに変更できました。
    ソースデータの行と列を切り替える06

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|ソースデータの行と列を切り替える