エクセル2013基本講座:Excel2013のデータラベルの書式設定が強化されました


スポンサードリンク


データラベルに引き出し線を追加する データラベルの図形を変更する
データラベルの区切り文字を設定する データラベルへセル値を参照する

Excel2013のデータラベルの追加された機能     Topへ

データラベルに引き出し線を追加する      Topへ

データラベルの区切り文字を設定する      Topへ

データラベルの図形を変更する      Topへ

  1. 右クリックメニューからの操作手順
    1. データラベルを右クリックします。
      [データラベル図形の変更]→[角丸四角形吹き出し]を選択しました。
    2. データラベル図形が変更されました。
      • 下図では引き出し線を非表示にしています。
        また、図形の塗りつぶしや線の色を設定して見やすいように設定をしています。
  2. リボンからの操作手順
    1. グラフの要素1つを選択して、[グラフ要素]→[データラベル]を選択しました。
      データラベルとして値「9,500,000」が表示されました。
    2. データラベルを選択します。
      グラフツールの[書式]タブを選択します。
      [図形の変更]→[雲形吹き出し]を選択しました。
    3. 「雲形吹き出し」に変更されました。
    4. 図形の書式はグラフツールの[書式]タブにある「図形のスタイル」から変更ができます。

データラベルへセル値を参照する      Topへ

  1. 右クリックメニューからの操作手順
    1. データラベルを右クリックして、[データラベル フィールドの挿入]を選択します。
      • 右クリックするときのハンドルに注意してください。
        データラベルを一回クリックすると、表示されるハンドルは丸形で薄く塗りつぶされた状態です。

        もう一度クリックすると、四角のハンドルになります。この状態で右クリックします。
    2. [セルの選択]を選択します。
      • なお、表示された値や、系列、項目などをクリックするとラベルに追加されます。
    3. 参照するセルをクリックすると、セル番地が入力されます。[OK]ボタンをクリックします。
    4. 参照セルに「ここに注目!」と入力すると・・・データラベルに表示されました。
    5. 表示されている値「9,500,000」は不要なので、クリックして削除します。
      • データラベルをクリックすると最初はラベル全体。2回目はラベルの図形、3回目はラベルの内容・・・といった具合に選択されます。
        下図では、データラベルを3回ほどクリックした状態です。削除したいテキストをクリックします。
        グレーの濃い方が選択されています。

        [Delete]キーで不要なラベルを削除します。
      • または、データラベルを右クリックして[テキストの編集]を選択します。
    6. セルを参照した値が表示されました。
  2. ダブルクリックからの操作手順
    1. データラベルの数値部分をダブルクリックする方法もあります。
      • データラベルを一回クリックすると、表示されるハンドルは丸形で薄く塗りつぶされた状態です。

        もう一度クリックすると、四角のハンドルになります。この状態で右クリックします。
      • 数値部分をダブルクリックすると、リストが表示されます。このリストに [セル(E)]セルの選択 があります。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2013基本講座:目次グラフの使い方|Excel2013のデータラベルの書式設定が強化されました