エクセル2010基本講座:レーダーチャートの作り方

スポンサードリンク

テータリストの作成     Topへ

レーダーチャートの作成     Topへ

  1. データリスト内の1つのセルをアクティブにします。もしくは、グラフ化するデータの列見出し/行見出しを含めて選択した状態にします。
  2. [挿入]タブの[グラフ]グループにある[その他のグラフ]→[マーカー付きレーダー]を実行します。
  3. マーカー付きレーダーチャートが作成されました。
  4. グラフツール リボンの[レイアウト]タブでグラフ要素を「レーダー(値)軸」を選択し、[選択対象の書式設定]をクリックします。
  5. [軸のオプション]を選択し、最小値、最大値、目盛間隔を下図のように設定しました。
  6. 2つのデータの違いが明確になりました。

塗りつぶしレーダーに変更する     Topへ

  1. グラフツール リボンの[デザイン]タブで「グラフの種類の変更]をクリックします。
  2. 「レーダー」を選択し[塗りつぶしレーダー]を選択します。[OK]ボタンをクリックします。
  3. 塗りつぶしレーダーが作成されました。
  4. 重なっている部分の下が見えていませんので、塗りつぶしの色を変更したいと思います。
    赤色の部分をダブルクリックします。 塗りつぶし(単色)にチェックを入れ、色を選択して透過性を「45%」に設定しました。
  5. 重なっている部分もデータがわかるようになりました。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2010基本講座:目次グラフの使い方|レーダーチャートの作り方