Excel 2016でセル内での文字の配置


スポンサードリンク


文字の配置(横位置) 文字の配置(縦位置)
文字の方向 セルを結合して中央揃え
縮小して全体を表示する セル内で改行する

文字の配置(横位置)       Topへ

  1. 横位置をコマンドボタンから設定する
  2. 横位置を書式設定ダイアログボックスで設定する
    1. [ホーム]タブの配置グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    2. セルの書式設定 ダイアログボックスの[配置]タブが開きます。
      文字の配置の横位置で各設定を行うことができます。▼ボタンをクリックして、ドロップダウンリストを開くと標準、左詰め(インデント)、中央揃え、右詰め(インデント)、繰り返し、両端揃え、選択範囲で中央、均等割り付け(インデント)の7種類の設定が可能になっています。
      インデントが付いているものはインデント数を設定することができますので、右横のインデントで数を指定することができます。

文字の配置(縦位置)       Topへ

  1. 縦位置をコマンドボタンから設定する
  2. 縦位置を書式設定ダイアログボックスで設定する
    1. [ホーム]タブの配置グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    2. セルの書式設定 ダイアログボックスの[配置]タブが開きます。
      文字の配置の縦位置で各設定を行うことができます。▼ボタンをクリックして、ドロップダウンリストを開くと 上詰め、中央揃え、下詰め、両端揃え、均等割り付け の5種類の設定が可能になっています。
      • 上詰め、中央揃え、下詰め は[ホーム]タブの配置グループに、上揃え、上下中央揃え、下揃えの各コマンドと同じ結果を得ることができます。
      • 両端揃え
        セルの上端と下端に揃えて配置されます。
      • 均等割り付け
        セルの上端と下端の間に均等に配置されます。

文字の方向       Topへ

セルを結合して中央揃え       Topへ

縮小して全体を表示する       Topへ

セル内で改行する       Topへ

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次Excel 2016で表を作成し、書式を整える|Excel 2016でセル内での文字の配置