Excel 2016でフォントサイズを大きくする方法


スポンサードリンク


フォントサイズを72ポイントより大きくする
409ポイントよりも大きな文字サイズを印刷したい

フォントサイズを72ポイントより大きくする       Topへ

409ポイントよりも大きな文字サイズを印刷したい・・・というときはどうすればよいのでしょう?       Topへ

  1. 印刷時に拡大印刷をする方法があります。

    1. フォントサイズを409 ポイントにしました。
    2. [ファイル]タブをクリックしてバックステージビューを表示し、[印刷]を選択します。
      下部の「ページ設定」をクリックして、ページ設定ダイアログボックスを表示します。
      [ページ]タブで 拡大/縮小 で 180% としました。
    3. 下図は一度印刷プレビューを表示して、A4サイズの用紙への印刷時の区切り位置が表示されるようにしています。
      A4サイズで2ページにわたって印刷されることがわかります。文字サイズが大きく印刷されることがわかります。
    4. ちなみに、印刷プレビューでは下図のような感じになります。
  2. テキストボックスを使う方法

    1. テキストボックスを利用すると、409ポイントの制限はありません。
      下図は フォントサイズを700ポイントとした例です。
    2. [ホーム]タブのフォントグループのダイアログボックス起動ツールをクリックして、フォント ダイアログボックスを表示します。
      サイズに5000など大きな値を入力すると、「4000以下の値を入力する必要があります。」と表示されます。
      テキストボックスでは 4,000ポイントが最大値と分かります。
    3. フォントサイズのボックスには400と見えますが、実際は 4,000 に設定してあります。表示する幅が狭いため400に見えているだけですので誤解しないでください。
      また、下図は表示倍率10%に縮小したもので、破線の1ブロックは A4サイズ1枚分の大きさですので、これほど大きいフォントサイズを必要とするかはちょっと疑問ですが、こんなサイズにもできるよ・・・ということで・・・
  3. ワードアートを使う方法

    1. ワードアートを挿入します。
      [ホーム]タブのテキストグループにある[ワードアート]からスタイルを選択します。
    2. ワードアートで文字を作成し、[ホーム]タブのフォントグループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして、フォント ダイアログボックスを表示します。
      フォントのサイズを サイズボックスで 5000 などと入力すると「4000以下の値を入力する必要があります。」と表示されます。
      ワードアートでも最大のフォントサイズは4,000 ポイントだとわかります。
    3. ワードアートでも 4,000ポイントという大きなサイズの文字を作成することができます。
      改ページプレビューでは下図のように表示されます。
      下図は表示倍率を 10% と設定して、キャプチャした画像をさらに80%に縮小したものです。青破線の1マスA4サイズです。
  4. プリンターの設定

    1. 一般的なA4サイズのプリンターでは ポスター印刷 という機能があると思いますので、この機能を使うと便利と思います。
      下図は Canon のプリンターでの設定例です。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次Excel 2016で表を作成し、書式を整える|Excel 2016でフォントサイズを大きくする方法