Excel 2016でピボットテーブルのデータソースを変更する


スポンサードリンク


ピボットテーブルのデータソースを変更する データソースにテーブルを利用する

ピボットテーブルのデータソースを変更する  topへ

  1. 下図のようなデータソース(B2:E9)からピボットテーブルを作成しました。
  2. 12行目にNo1,2019/6/1,みかん,20.000 とデータを追加しました。
    ピボットテーブル ツールの[分析]タブで[更新]を実行しましたが、ピボットテーブルに追加したデータが反映されていません。
  3. ピボットテーブル ツールの[分析]タブで[データソースの変更]を実行します。
  4. テーブル/範囲が B2:E11 となっています。
    追加した B12:E12 がデータソースから外れていることがわかります。(追加したデータがデータソースに追加されていない)
  5. B2:E12セルを選択して、テーブル/範囲を B2:E12 に変更して、[OK]ボタンをクリックします。
  6. ピボットテーブルに追加したデータが反映されました。

データソースにテーブルを利用する  topへ

  1. ピボットテーブルに使用するデータ範囲(データソース)を選択します。
  2. [ホーム]タブの[テーブルとして書式設定]→(淡色)10 をクリックして、選択していた範囲をテーブルに変換しました。
  3. テーブルツールの[デザイン]タブのテーブル名に Data_A と入力して、テーブル名を設定しました。
  4. テーブル内のセルを1つ選択して、[挿入]タブの[ピボットテーブル]を実行します。
  5. テーブル/範囲に テーブル名 Data_A が表示されました。テーブルがこのピボットテーブルのデータソースになりました。
    ここではピボットテーブル レポートの配置場所は データソースと同じシートを指定しました。(説明に都合がよいので)
  6. 各フィールドを列、行、値のボックスにドラッグしてピボットテーブルを作成しました。
  7. 12行目にNo1,2019/6/1,みかん,20.000 とデータを追加しました。
    (追加した行の書式が変わり、テーブルの範囲が12行目まで拡大されたのがわかります)
    ピボットテーブル ツールの[分析]タブで[更新]を実行すると、ピボットテーブルに追加したデータが反映されました。
    データソースにテーブルを使用するとデータソースを変更する必要がありません。

スポンサードリンク



HomeExcel 2016の使い方の目次|Excel 2016でピボットテーブルのデータソースを変更する