Excel 2016で数式(四則演算)を入力する


スポンサードリンク


数式(四則演算)を入力する 四則演算を関数で入力する

数式(四則演算)を入力する       Topへ

  1. 足し算の計算式を入力する
    1. 半角文字で = (イコール)を入力します。入力はセル内でも数式バー どちらでもOKです。
      下図はセル内で = (イコール)を入力し、カーソルが表示されている状態です。
    2. 計算式(数式)はセル番地(セルの位置)で表現します。セル内の数値に変更があっても計算できるようにするためです。
      ここではC3のセルの値とD3のセルの値を足しますので、数式(計算式)は =C3+D3 とします。
      E3セルに =C3+D3 と入力してもOKですが、マウスでセルを指定して入力することもできます。
      C3セルをクリックすると、 =C3 と入力されます。
    3. 次いで、キーボードから演算子の +(プラス)を入力します。
    4. D3セルをマウスでクリックします。
      数式(計算式)が完成しましたので、[Enter]キーを押します。
      または、数式バーの左にある [入力]ボタンをクリックして計算式を確定することもできます。
    5. セルには計算結果が表示されます。数式バーには入力した数式が表示されます。
    6. 試しに、D3セルの値を 30 に変更してみると、再計算が実行されて、計算結果は 80 となります。
  2. 引き算の計算式を入力する
    1. 引き算の場合は演算子 -(マイナス)を計算式に使って、 =C4-D4 と入力します。
      セル番地の入力はマウスでクリックして入力しても、キーボードから直接入力してもOKです。
      下図は計算結果 30 が表示されています。
  3. 掛け算の計算式を入力する
    1. 掛け算の場合は演算子 *(アスタリスク)を計算式に使って、 =C5*D5 と入力します。
      セル番地の入力はマウスでクリックして入力しても、キーボードから直接入力してもOKです。
      下図は計算結果 1000 が表示されています。
  4. 掛け算の計算式を入力する
    1. 掛け算の場合は演算子 /(スラッシュ)を計算式に使って、 =C6/D6 と入力します。
      セル番地の入力はマウスでクリックして入力しても、キーボードから直接入力してもOKです。
      下図は計算結果 2.5 が表示されています。
  5. 四則演算を組み合わせる場合
    1. 算数の数式の作り方と同じで、かっこでくくって計算順を変えることができます。
      =D2*(C2+C3) と入力すると、 =100*(10+20) → =100*30 → =3000 といった計算になります。

四則演算を関数で入力する       Topへ

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次Excel 2016でのデータの入力|Excel 2016で数式(四則演算)を入力する