簡単な手順で縦棒と折れ線の複合グラフを作成する


スポンサードリンク


一軸の複合グラフを作成する(縦棒と折れ線の数が同一の場合) 一軸の複合グラフを作成する(縦棒と折れ線の数が異なる場合)
第2軸を使った複合グラフを作成する(縦棒と折れ線の数が同一の場合) 第2軸を使った複合グラフを作成する(縦棒と折れ線の数が同一の場合)

縦棒と折れ線の複合グラフを作成する       Topへ

一軸の複合グラフを作成する(縦棒と折れ線の数が同一の場合)       Topへ

  1. 縦棒と折れ線にする系列の数が同じ場合には最も簡単な手順で複合グラフを作成することができます。
    下図のデータリストのように系列が2つで、縦棒と折れ線が1つずつにする場合の手順です。
    なお、データリストの左の方(先の方)が 縦棒になり、後ろの方が折れ線で描画されます。
  2. [挿入]タブの[複合グラフの挿入]→[集合縦棒-折れ線]をクリックします。
  3. 集合縦棒-折れ線の複合グラフが作成できました。

一軸の複合グラフを作成する(縦棒と折れ線の数が異なる場合)       Topへ

  1. 下図データリストのように縦棒が3本、折れ線が1本にしたい場合、[複合グラフの挿入]→[集合縦棒-折れ線]を使うと、縦棒が2本、折れ線が2本となります。
    1本の折れ線を縦棒に変更する手間が増えます。
  2. データリスト内のセルを1つ選択して、[挿入]タブの[おすすめグラフ]をクリックします。
  3. グラフの挿入が表示されます。
    [すべてのグラフ]タブを選択して、「組み合わせ」を選択します。
    ここでも2本の縦棒と2本の折れ線がプレビューされていますが、下の「データ系列に使用するグラフの種類と軸を選択してください」をご覧ください。
    系列名が鹿児島支店のグラフの種類が「折れ線」になっています。
  4. 系列名が鹿児島支店のグラフの種類が「折れ線」を「集合縦棒」に変更して、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 3本の縦棒と1本の折れ線の複合グラフが作成できました。

第2軸を使った複合グラフを作成する(縦棒と折れ線の数が同一の場合)       Topへ

  1. 値のレンジが異なる場合は第2軸を使った複合グラフが適しています。
    なお、データリストの左の方(先の方)が 縦棒になり、後ろの方が第2軸の折れ線で描画されます。
  2. [挿入]タブの[複合グラフの挿入]→[集合縦棒-第2軸の折れ線]をクリックします。
  3. 集合縦棒-第2軸の折れ線の複合グラフが作成できました。

第2軸を使った複合グラフを作成する(縦棒と折れ線の数が異なる場合)       Topへ

  1. 下図データリストのように縦棒が3本、第2軸の折れ線が1本にしたい場合、[複合グラフの挿入]→[集合縦棒-第2軸の折れ線]を使うと、縦棒が2本、第2軸の折れ線が2本となります。
    1本の折れ線を縦棒に変更する手間が増えます。
  2. データリスト内のセルを1つ選択して、[挿入]タブの[おすすめグラフ]をクリックします。
  3. グラフの挿入が表示されます。
    [すべてのグラフ]タブを選択して、「組み合わせ」を選択します。
    プレビューの上の「集合縦棒-第2軸の折れ線]を選択します。
    ここでも2本の縦棒と2本の第2軸の折れ線がプレビューされていますが、下の「データ系列に使用するグラフの種類と軸を選択してください」をご覧ください。
    系列名が鹿児島支店のグラフの種類が「折れ線」になっています。そして、右の第2軸にチェックが入っています。
  4. 系列名が鹿児島支店のグラフの種類が「折れ線」を「集合縦棒」に変更します。
    第2軸のチェックボックスをオフにして、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 集合縦棒-第2軸の折れ線の複合グラフが作成できました。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次|簡単な手順で縦棒と折れ線の複合グラフを作成する