看板ドクター(安全点検作業)


・看板安全点検項目

①目視検査・・・看板全体の建方や水平垂直の確認。

②接触検査・・・看板ヘッドのぐらつきゆがみ等を直接触って確認。

③打音検査・・・看板接続部分などを叩いて打音で異常を確認。

④スコープカメラ検査・・・看板内部を撮影して錆の発生具合など確認。

⑤超音波測定器による厚さ検査・・・超音波でポール等の厚みを確認。

・検査機器                            ・安全点検報告書

・屋外広告士登録証(国土交通大臣認証資格)※鹿児島県・鹿児島市屋外広告物管理者資格

 

 

 

 

 

 

 

 

 







































・鹿児島県では平成26年4月より表示面積が10㎡以上or高さが4m以上の看板について、安全管理者を設置し3年ごとに屋外広告士や広告美術技能士(1級・2級)などの有資格者による安全点検報告書を提出する事が義務化されております。