HOME 新着情報 地鶏 店舗紹介 紹介記事 友達の輪 観光情報
掲示板 メール 地図 リンク

料理紹介
店舗紹介
店舗外観
味の秘密ご紹介
メニュー

奄美大島の代表的な郷土料理。江戸時代の頃、薩摩の役人をもてなすために「殿様料理」とも呼ばれ、むかしは鶏肉の炊き込みご飯のようなものであったらしい。
 戦後もっとあっさりとしたものをと工夫され今風の鶏飯になりました。
 1968年に天皇、皇后両陛下(皇太子時代)がご来島の折り、御賞味され大変喜ばれてかおわりをご所望されたと伝えられています。
天皇皇后両陛下が今回の来奄美で夕食に当店の「鶏飯」を食されました。
奄美群島の日本復帰50周年記念式典が,2003年11月16日,天皇,皇后両陛下をお迎えして名瀬市の奄美文化会館で行われました。式典には実行委員長の須賀鹿児島県知事をはじめ石原国土交通大臣,各界代表ら約1000人が出席しました。
 天皇陛下はお言葉で,1968年(昭和43年)の奄美大島訪問に振れながら50年間を振り返られました。
 天皇皇后両陛下は16日は笠利町に宿泊され,夕食に,当店の「鶏飯」を食されました。
 以下は16日の天皇・皇后両陛下の夕食レシピです。

鶏飯 豚足塩焼き
串焼き 鶏さし
奄美の郷土料理「鶏飯」は、鶏肉、錦糸玉子、しいたけ、パパイヤの漬物、タンカン(柑橘類)の千皮などの具を熱いご飯の上にのせ、地鶏スープをたっぷりとかけていただきます。
 当店では放し飼いの地鶏を使い、あっさりしながらもコクのあるスープが自慢です。
その他、鶏さし、焼き鳥などもございます。
こだわりの味をぜひ一度ご賞味下さい。

鶏飯
鶏肉・シイタケ・錦糸玉子・アサツキ・
パパイア漬け・ダイダイの七味等
お品書き  メニュー
効能書き
いらっしゃいませ
ようこそけいはんひさ倉へ
当店自慢の郷土料理鶏飯の味の秘密は飼料に頼らない牧草や野菜等の飼餌を使い店主自ら飼育する地鶏からとった濃厚でさっぱりしたスープ!
とりさしもひなより丹精を込めて育てた自慢の鶏のおさしみです。
その他パパイヤ漬の漬物も手作りの味。
手作りにこだわる鶏飯ひさ倉の味を安心して、お召し上がり下さい。
皿に盛られた鶏飯の具 錦糸玉子 細かく裂かれた鶏肉 アサツキ
紅生姜・海苔 ご飯の上に盛りつけ 地鶏のスープ 鶏飯の出来上がり
朝取り立ての地鶏の生卵もご利用ください。

鶏さし
心臓・レバー・もも肉・胸肉・とさか等
レバーはあく抜きをしてあるのでとても食べやすい。
にんにくのすり下ろし、を醤油につけて食べます。
鶏さしの盛りつけ 胸肉 もも肉 レバー

鶏飯   1,000円 税込 鶏さし  950円 税込
営業時間 午前11時から午後9時(午後8時30分オーダーストップ)
年中無休

店 舗 紹 介

130名収容の広い店舗(中央に直径80cmの柱)

安心のバリアフリー
広い入り口 トイレ(バリアフリー)
ベビーオムツ替え室(ベビーシート) 畳敷きでくつろいでお食事できる部屋
お子様連れでも安心してごりよういただけます。

くつろげる店内
入口から店内 団体専用席もご用意
椅子席の他に畳で座る席もご用意 禁煙席もご用意
ご注文の際はテーブルのブザーを押してください
青と赤のTシャツ
のスタッフがおもてなし
けいはん ひさ倉のキャラクターTシャツ
厨 房 店 内

店舗の内装は全て、オーナーであり店長でもある久倉が自分のこだわりを元に棟梁と設計したもの。
奄美の素材を使った木の温もりのある店構えになっています。


店舗の外観をご紹介
店舗前の駐車スペース 店舗の全景
店舗裏の駐車場(50台収容) 後ろは長雲峠 奄美の高倉をイメージした広い玄関
店舗の前は国道58号線
奥の山は屋入(自家養鶏場とパパイヤ畑があります。)
店舗の後ろは龍郷湾奥の海岸道路を
右手に行くと西郷隆盛ゆかりの地に・・・

味の秘密ご紹介
地鶏のスープ
地鶏のスープ(飼料に頼らない牧草や野菜等の飼餌を使い店主自ら飼育する地鶏からとった濃厚でさっぱりしたスープ!) 木になっているパパイヤ
自前の手作りパパイヤ。もちろん無農薬です。 自前の手作りタンカン。もちろん無農薬。
当店の食材:パパイヤの畑 当店の食材:タンカンの畑

  メニュー  


豚足塩焼き 350円 健康によいと女性の方にも評判です。
メニュー(店内お食事用)
メニュー(店内スペシャルメニュー)
素材・持ち帰りメニュー
上記メニューをクリックして頂くと、拡大してメニューをご覧いただけます。