夢おりの郷

 

各種体験本場奄美大島紬施設紹介お問い合わせ

大島紬の歴史と製造工程 

←こちらをクリック
 図案作成・糸の準備・糸くり・整経・のりばり・締めばた
 テーチ木染め・泥染め・準備加工・はたおり・検査・製品

●オーダー大島紬について

   

作品紹介

   
 
奄美旅情 せせらぎ 陽はまた昇る
2016原図コンテスト最優秀作品
ダチュラの花をモチーフに9マルキ総絣ではっきり柄を出しました。
2016大島紬グランプリ7マルキ部門最優秀作品 亀甲柄をアレンジし一枚の中に白地黒地中間地を表現。 2016大島紬グランプリ大会賞受賞作品 奄美産の絹糸を使い、奄美で育てた琉球藍で染色しました。染色回数による藍のグラデーションをお楽しみください。
     
気高く 憧れ 息吹
気高く 憧れ 息吹
7マルキ総絣 伸びやかなバラを薄地で表現しました。紬組合の原図コンテスト優秀賞受賞柄 ペーズリー柄を基調に重厚感ある作品に仕上げました。9マルキ総絣

大胆な市松柄ですが、黒地がはっきりと切れないようにしました。奄美本土復帰60周年に合わせ制作。9マルキ総絣

     
さわやかに 吉祥づくし 割込み08
さわやかに 大島紬吉祥づくし 割込み08
白大島の総がすりです。
数少ない白大島を手間暇かけて製作いたしました。

紬組合原図コンテスト2011
最優秀賞受賞作品
9マルキ総絣で表現いたしました。

以前作った紡水車の柄に似ていますが、割り込み式大島紬を白地で再現。とても重厚感のある仕上がりです。
     
 7-151W  7-144  秋名バラ5釜
 大島紬7-151W 7-144 秋名バラ5釜

縦にワインとグリーンを入れ、はっきりしつつも落ち着いた印象に

薄地のオーロラシリーズ。すっきり縦柄で春先などこれからの季節にピッタリです。

現在ほとんどつくられていない昔からある「秋名バラ」を長絣と十の字絣で再現。

手間暇かけた逸品です。

     
 鳥獣戯画 訪問着  絣のハーモニーシリーズ 龍郷白丸割込
鳥獣戯画 絣のハーモニー
京都市右京区の高山寺に伝わる国宝の紙本墨画の絵巻物「鳥獣戯画」を元に作成。当時の世相を反映してウサギ・カエル・サルなどの動物や人物を戯画的に描いたもので、細かい9マルキの絣で再現いたしました。
今までにない色目で、柄は強すぎないよう、絣をシンプルに入れ、帯や小物でたくさん遊んでいただけるよう製作いたしました。織り以外の主な工程(図案・締め・染め・加工)を南晋吾が一貫して行いました。
昔ながらの龍郷柄を白で、しかも現在はほとんど作られていない割込式の技法を用いて製作しました。
     
 割込WK03  割込WK01  龍郷一釜半
割込WK03 割込WK01 龍郷一釜半
最近力を入れて作っている、古代から伝わる割込み技法と泥染めにてシンプルで飽きのこない一枚です。
左に同じく古代から伝わる割込み技法と泥染めにてシンプルで飽きのこない一枚です。
色あせることない伝統の柄を泥染めの深い黒で再現。歳を重ねるたび味が出ていく大島紬です。
     
百万本のバラ  オーロラ7-139 正倉院宝物
百万本のバラ 7-139 正倉院宝物
バラの柄を総絣ではっきりと、
地色はシックに表現しました。

シンプルな縦の導き柄です。セミフォーマルまでいける大島です。

9マルキの重厚感あふれる作品にしました。泥染めと藍染を施してあります。

     
 紡水車  銀の雨  初ゆめ
紡水車 銀の雨 初ゆめ
昔よく作られていた割り込み式大島紬を白地で再現。

紬組合原図コンテスト出品作品。
かわいい模様ですがレトロな雰囲気も持ち合わせた一品です。

薄地のやさしい雰囲気のなかに「ゆめ」の文字を入れました。着る人にいい夢を...
     
過去の作品    

 

近年の受賞履歴
平成26年 本場奄美大島紬原図コンテスト 優秀賞(奄美市長賞) 
  本場奄美大島紬グランプリ 大会賞
平成24年    本場奄美大島紬グランプリ 復元・特殊部門で大島紬販売組合理事長賞 
平成22年 本場奄美大島紬原図コンテスト 最優秀賞
平成19年 本場奄美大島紬グランプリ 復元・特殊部門で大島紬販売組合理事長賞 
  本場奄美大島紬グランプリ 大会賞
   

 

お問い合わせ・体験のご予約は  株式会社 夢おりの郷
TEL 0997−62−3888  FAX 0997−55−4194  E‐mail:mail


 

2007 YUMEORINOSATO CO.LTD.All Rights Reserved