建築仕上診断技術者は、建築仕上部ならびコンクリート部の物理的な劣化診断、安全性診断、社会的劣化診断など、多方面から診断を行い

建築物の維持保全に適切な提言ができる技術者である。

 

@     外壁及び屋上防水など建築仕上部分の診断

A     外壁部材剥落事故防止のための定期診断

B     建築仕上部のリニューアル計画に先立つ現状診断

C     地震、火災の被災後の臨時外壁診断

 

 

建築・設備総合管理技術者は、建築物の所有者等の意向を踏まえ、かつ、建築物に関するすべての技術者の意見を調整しながら、

建築と設備に精通した広範な知識をもとに、「総合的な観点から建築物の維持保全計画をまとめ、実施に責任を持つ建築物のナビゲーターです。

 

@     建築基準法第8条第2項に基づく維持保全計画の作成と運用

A     マンションの長期修繕計画の作成

B     維持保全の実施における各種専門技術者の総括とマネジメント

C     建築設計・計画時における維持保全面からのアドバイス

 

 

会社概要へ戻る          次のページへ