Word 2016でスペルチェックと文章校正を行う


スポンサードリンク


スペルチェックと文章校正を行う 入力中に表示される赤や青の波線を表示しない
文章校正を詳細に設定したい

Word 2016でスペルチェックと文章校正を行う        Topへ

  1. 文章を入力すると、赤い波線や青い波線が引かれました。
    これは、自動でスペルチェックと文章校正が行われた結果が示されています。
  2. 文章を修正したいと思います。
    [校閲]タブの[スペルチェックと文章校正]を実行します。ショートカットキーは [F7]キーです。
  3. スペルが間違っているようです。正しいスペルを選択して[変更]ボタンをクリックします。
  4. この部分は文書校正が働いているようです。
    一番上の候補を選択して、[変更]ボタンをクリックしました。
  5. この部分は 入力ミス? ではないかとチェックされました。
    特段候補がないので、[無視]ボタンをクリックして、無視することにしました。
  6. 「文章校正が終了しました。」と表示され、文章校正が終了しました。

入力中に表示される赤や青の波線を表示しない        Topへ

  1. [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューを表示します。
  2. バックステージビューで[オプション]を選択します。
  3. [文章校正]を選択し、「入力時にスペルチェックを行う」と「自動文章校正」のチェックを外します。
  4. 赤い波線や青い波線が消えました。


  5. 文章校正をしたいときは [校閲]タブの[スペルチェックと文章校正]を実行します。ショートカットキーは [F7]キーです。
  6. 赤い波線や青い波線は表示されていませんが、スペルチェックや文章校正ができます。

文章校正を詳細に設定したい        Topへ

  1. [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューを表示します。
  2. バックステージビューで[オプション]を選択します。
  3. [文章校正]を選択し、文章スタイルのところを変更します。
    [設定]ボタンをクリックすると、「文章校正の詳細設定」ダイアログボックスが開きます。オプションのところで設定を変更することができます。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方Word 2016基本講座:目次 |Word 2016でスペルチェックと文章校正を行う