Word 2016で数式を入力する方法


スポンサードリンク


組み込みの数式を利用する 新しい数式を作成する
インク数式を利用する 数式入力パネルを利用する
キーボードから数式を入力する

組み込みの数式を利用する         Topへ

  1. [挿入]タブの[数式]をクリックすると組み込みの数式が表示されます。
  2. リストの「ピタゴラスの定理」をクリックすると、数式が入力され、数式ツール リボンが表示されます。

新しい数式を作成する        Topへ

  1. [挿入]タブの[数式]をクリックします。ショートカットキーは [Alt]+[Shift]+[=] キーを押します。
    画面には[Alt]+[=]と表示されていますが、[=]は「ほ」のキーの上に書いてありますから[Shift]を合わせて押す必要があります。
  2. 「ここに数式を入力します」とプレースホルダーが表示されます。
  3. 数式ツールのデザインタブを選択します。様々な数式のひな型が入力できるようになっていますので、適切なコマンドボタンを使って数式を組み立てます。
    ここでは分数の数式を入力してみます。
  4. 点線の四角の部分をクリックして数字を入力します。


  5. 入力した数式は、2次元形式や行形式に変換することができます。
  6. 「新しい数式として保存」を選択すると、新しい文書パーツの作成が表示され、登録することができます。


    [挿入]タブの数式をクリックすると組み込み数式の上に表示されるようになります。


    ※ 削除は、右クリックし、「整理と削除」を選択して画面の指示に従ってください。

インク数式         Topへ

  1. [挿入]タブの[数式]→[インク数式]を選択します。
    数式を手書きで作成することができます。
    マウスでの操作はちょっと大変ですが、タッチパネルなどでタッチペンを使える場合はストレスが少なく使用できると思います。
  2. 数式入力コントロール が表示されます。
    方眼紙の部分にマウスで数式を書き込みました。
    うまく認識されない部分は下の[消去]ボタンを使って部分消去して書き直します。
    正しく認識されたら、[挿入]ボタンをクリックします。
  3. 文書に入力されました。

数式入力パネルを利用する        Topへ

キーボードから数式を入力する        Topへ

  1. [Alt]+[Shift]+[=]で新しい数式の挿入を実行します。数式のプレースホルダーが挿入されます。
    キーボードから 1 / 2 + 1 / 3 = 5 / 6 と入力します。
  2. プレースホルダーの右端の▼をクリックして、「2次元形式」を選択します。
  3. 2次元形式の数式が作成できました。
  4.  a ^ 2 + b ^ 2 = c ^ 2 と入力して変換することもできます。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方Word 2016の使い方の目次 |Word2016で数式を入力する方法