ワード2013基本講座:行の間隔を調整する


スポンサードリンク


行間の調整の設定 広がった行間を調整したい

行の間隔の設定     Topへ

広がった行間を調整したい     Topへ

  1. 設定を変更する

    1. 文字の大きさを変更すると(フォントサイズを大きくすると)、行間が広がってしまうことがあります。
      例えば、フォントサイズを40pt(ポイント)に変更すると、下図のように行間が自動で広がってしまいます。
      上下の段落のフォントサイズは10.5ptです。
      この例では、一つの段落の行間を変更したいので、段落内にカーソルを表示して、その段落を指定します。
      複数段落にわたるときはその範囲を選択して、変更する範囲を指定します。
    2. [ホーム]タブの[行と段落の間隔]→[行間のオプション]を選択します。
    3. 「インデントと行間隔」タブの「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる。」のチェックを外します。
    4. 指定した段落または選択していた範囲の行間が狭く調整されました。
  2. 行間隔を指定する

    1. 文字の大きさを変更すると(フォントサイズを大きくすると)、行間が広がってしまうことがあります。
      例えば、フォントサイズを40pt(ポイント)に変更すると、下図のように行間が自動で広がってしまいます。
      上下の段落のフォントサイズは10.5ptです。
      この例では、一つの段落の行間を変更したいので、段落内にカーソルを表示して、その段落を指定します。
      複数段落にわたるときはその範囲を選択して、変更する範囲を指定します。
    2. [ホーム]タブの[行と段落の間隔]→[行間のオプション]を選択します。
    3. 「インデントと行間隔」タブの行間で「固定値」を選択します。
      間隔は使用しているフォントサイズより 2ptほど大きいサイズを指定します。
      ここのケースでは 14+2=16pt としました。
    4. 下図のように段落の行間隔が16ptに変更され、以前より狭く調整することができました。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方ワード2013基本講座:目次段落書式|行の間隔を調整する