ワード2010基本講座:表の作成と削除


スポンサードリンク


表の作成 表の削除 罫線の一部を削除する

表の作成    topへ

A)表の挿入から実行する    topへ

  1. 表を挿入する箇所にカーソルを表示します。
  2. [挿入]タブの[表]グループにある[表]をクリックします。
    表示される表内で行×列数を選択し、クリックすると表が挿入されます。

B)行数と列数を数値で指定する    topへ

  1. 表を挿入する箇所にカーソルを表示します。
  2. [挿入]タブの[表]グループにある[表]→[表の挿入]を実行します。
  3. 表のサイズで列数と行数を決めます。
  4. [OK]ボタンをクリックすると、カーソル位置に表が作成されます。

C)罫線を引く    topへ

  1. [挿入]タブの[表]グループにある[表]→[罫線を引く]を実行します。
  2. マウスポインターが下図のように「鉛筆」の形に変わります。
  3. 鉛筆の芯の部分をドラッグすると罫線が引けます。
    (注)一本線の場合は破線が表示されませんが、ちゃんと罫線が描かれます。
    マウスで線を引く感じで作成できますが、慣れないと難しいです。
  4. 罫線を引くモードを解除するには、文章部分をダブルクリックします。
    または、[表ツール]の[デザイン]タブの[罫線を引く]をクリックして解除します。

表の削除

A)表の削除から実行する     topへ

  1. 表内にカーソルを表示します。[表ツール]リボンが表示されます。
  2. [表ツール]の[レイアウト]タブの[削除]→[表の削除]を実行します。

B)罫線の削除から実行する    topへ

  1. 表内にカーソルを表示します。[表ツール]リボンが表示されます。
  2. [表ツール]の[デザイン]タブの[罫線の削除]をクリックします。
    マウスポインタが消しゴムに変わります。
  3. 表を囲むようにドラッグします。
  4. 文章部分でダブルクリックすると、罫線の削除が解除されます。
    または、[表ツール]の[デザイン]タブの[罫線の削除]をクリックして解除します。

C)Back Spaceキーで削除する    topへ

  1. 表の移動ハンドルをクリックして、表全体を選択します。
  2. 「BackSpace]キーを押します。
    なお、[Delete]キーでは表内の文字がクリア(削除)されます。

罫線の一部を削除する    topへ

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方ワード2010基本講座:目次表・罫線|表の作成と削除