Excel2013 MOS講座:AVERAGE関数を使用する


スポンサードリンク


AVERAGE関数を使った数式を入力する オートSUMボタンを使ってAVERAGE関数を入力する
関数の挿入ボタンを使ってAVERAGE関数を入力する

AVERAGE関数を使用する    Topへ

AVERAGE関数を使った数式を入力する    Topへ

オートSUMボタンを使って数式を入力する    Topへ

  1. 数式を入力するセル範囲を選択します。
  2. [ホーム]タブの編集クループの[ΣオートSUM]→[平均]を選択します。
  3. 選択範囲に数式が入力され、計算結果が表示されました。
    AVERAGE関数の引数のセル範囲が正しいことを確認します。
  4. [ホーム]タブの[小数点以下の表示桁数を増やす]や[小数点以下の表示桁数を減らす]ボタンをクリックして、小数点以下の表示桁数を調整します。
  5. 小数点以下の表示桁数を1桁にしました。

関数の挿入ボタンを使って数式を入力する    Topへ

  1. 数式を入力するセルを選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。
  2. 関数の分類で「すべて表示」を選択します。
    関数名にアルファベット順に関数が表示されます。
    AVERAGEを選択して、[OK]ボタンをクリックします。
  3. 数値1に合計するセルを指定します。ここの例では D3:D7 とします。 [OK]ボタンをクリックします。
  4. D8セルに =AVERAGE(D3:D7) と入力されました。
  5. オートフィルで数式をコピーします。
  6. 数式がコピーされ、計算結果が表示されました。
  7. [ホーム]タブの[小数点以下の表示桁数を増やす]や[小数点以下の表示桁数を減らす]ボタンをクリックして、小数点以下の表示桁数を調整します。
  8. 小数点以下の表示桁数を1桁にしました。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方Excel2013 MOS講座:スペシャリスト(一般)の目次|AVERAGE関数を使用する