Excel2013 MOS講座:名前付き範囲を作成する


スポンサードリンク


名前について セルまたはセル範囲に名前を定義する
名前ボックスを使ってセル範囲に名前を定義する 複数のセル範囲に名前を定義する
名前の管理 名前を削除する
数式に名前を使う(名前を使った数式を作成する) 関数の挿入 ダイアログボックスで名前を使う

名前について    Topへ

セルまたはセル範囲に名前を定義する     Topへ

名前ボックスを使ってセル範囲に名前を定義する    Topへ

  1. セル範囲B2:B8を選択します。
  2. 名前ボックスに「商品」と入力して[Enter]キーを押すと名前が定義されます。

複数のセル範囲に名前を定義する    Topへ

名前の管理     Topへ

名前を削除する    Topへ

  1. [数式]タブの[定義された名前]グループにある[名前の管理]を実行します。
  2. 削除したい名前の行を選択して[削除]ボタンをクリックします。

数式に名前を使う(名前を使った数式を作成する)     Topへ

関数の挿入 ダイアログボックスで名前を使う     Topへ

  1. 関数の挿入ダイアログボックスを使って数式を作成しています。
    ここではSUM関数を使っていますので、数値1のボックス内にカーソルを表示した状態にします。
    [数式]タブの[定義された名前]グループの[数式で使用]をクリックします。
    定義された名前がリスト表示されますので、「金額」を選択します。
  2. 数値1に定義した名前「金額」が表示されました。
    数式が =SUM(金額) となりました。 [OK]ボタンをクリックします。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方Excel2013 MOS講座:スペシャリスト(一般)の目次|名前付き範囲を作成する