Excel(エクセル)基本講座:テーブル機能の共通メニュー

スポンサードリンク


テーブル機能の使い方

Excel2010

Excel2010のテーブル機能について
  • 検索ボックスが使えるようになりました。
  • スクロールした状態でも列見出しが常時表示され、フィルター機能が利用できるようになりました。
Excel2010でテーブルの作成と解除
  • テーブルの作成
  • テーブルとしての書式設定
  • テーブルの解除
  • 書式のクリア
Excel2010でテーブルへ行や列を追加する テーブルを「図のリンク貼り付け」することができない?
  • 図のリンク貼り付け
  • テーブルで「図のリンク貼り付け」を実行したら・・・?
  • 「カメラ」をユーザー設定のリボンに登録する
  • カメラを使って図のリンク貼り付けを実行する
カメラ機能を使わないでテーブルを図のリンク貼り付けする

Excel2013

Excel2013でテーブルを作成する/解除する
  • テーブルを作成する
  • テーブルを解除する
  • テーブルの参照範囲を確認する
  • テーブルのサイズを変更する
  • テーブルの名前を変更する
テーブル内でのセル移動方法 列見出しのないデータからテーブルを作成する Excel2013でテーブルに列や行を追加する
  • テーブルに行や列を追加する
  • オートコレクトの設定
テーブルのスタイル・書式設定を無地にしたい?
  • 新しいテーブルスタイルを登録する
  • 登録したテーブルスタイルを利用する
  • 登録したテーブルスタイルを削除する
テーブルのスタイルが変わらない? テーブルスタイルのオプション

Excel2016

Excel 2016でのテーブル機能の使い方
  • テーブルを作成する
  • テーブルのスタイルを設定する
  • テーブルの最終行に行を追加する
  • テーブルの途中に行を追加する
  • テーブルの行を削除する
  • テーブルを解除する
Excel 2016でテーブルを作成する
  • テーブルを作成する
  • スタイルを選択してテーブルを作成する
  • テーブルを解除する
Excel 2016でのテーブルの操作方法
  • テーブルを選択する
  • 列を選択する
  • 行を選択する

テーブルで集計する

Excel2010

Excel2010のテーブルでの集計

Excel2013

Excel2013のテーブルで集計する
  • テーブルで集計する
  • 集計行に計算結果を表示する
  • テーブルに計算式を入力する
  • オートコレクトの設定

Excel2016

Excel 2016でテーブルに集計行を追加する
Excel2010のテーブルでの構造化参照の使い方
Excel2013のテーブルの構造化参照を利用する
  • テーブルを利用するメリット
  • 構造化参照を利用した数式
Excel 2016で参照範囲が変動する計算ではテーブルの構造化参照を利用する
Excel2013のテーブルでスライサーを使う 
  • テーブルを作成する
  • スライサーを設置する
  • テーブルを利用する
  • スライサーの表示設定
  • スライサー
数式でテーブル名を使用する
  • 数式でテーブル名を使用する/しない の設定
  • 数式でテーブル名を使用する
複数のテーブルからピボットテーブルを作成する(Excel2013)
  • リレーションシップの設定
  • 複数のテーブルからピボットテーブルを作成する
テーブルからグラフを作成する
  • テーブルを作成する
  • グラフ(散布図)を作成する
  • グラフの設定を行う
  • スライサーでグラフを変える(Excel2013) 
  • フィルターでグラフを変える
  • スライサーを使った散布図
テーブルを利用した可変グラフ(積み上げ縦棒グラフ)
  • テーブルを作成する
  • グラフを作成する
  • グラフの設定を行う
  • スライサーでグラフを変える(Excel2013)