既存のピボットグラフのオプションを操作する:Excelの基本操作


スポンサードリンク


既存のピボットグラフのオプションを操作する ピボットグラフにスタイルを適用する
データの絞り込みを解除する

既存のピボットグラフのオプションを操作する     Topへ

  1. ここでは下表のデータを使って、ピボットテーブルを作成しています。
    B C D E F
    2 No 年月日 販売店 商品名 売上高
    3 1 2019/4/1 鹿屋店 りんご 20,000
    4 2 2019/4/3 鹿児島店 みかん 100,000
    5 3 2019/4/10 鹿屋店 バナナ 5,000
    6 4 2019/4/10 姶良店 パイナップル 12,800
    7 5 2019/4/10 姶良店 りんご 3,000
    8 6 2019/4/11 鹿児島店 みかん 3,000
    9 7 2019/4/11 鹿児島店 バナナ 5,000
    10 8 2019/4/12 姶良店 パイナップル 5,000
    11 9 2019/4/12 鹿児島店 りんご 10,000
    12 10 2019/4/13 鹿屋店 みかん 5,000
    13 11 2019/4/15 姶良店 バナナ 5,000
    14 12 2019/4/16 鹿児島店 パイナップル 4,000
    15 13 2019/4/17 鹿児島店 りんご 29,800
    16 14 2019/4/22 姶良店 みかん 30,000
    17 15 2019/4/24 鹿屋店 バナナ 10,000
    18 16 2019/4/29 鹿児島店 パイナップル 8,000
    19 17 2019/4/30 鹿屋店 りんご 8,200
    20 18 2019/5/2 鹿屋店 みかん 8,500
    21 19 2019/5/4 鹿児島店 バナナ 12,000
    22 20 2019/5/10 姶良店 パイナップル 6,000
    23 21 2019/5/10 鹿屋店 りんご 2,000
    24 22 2019/5/23 姶良店 みかん 10,000
  2. ピボットテーブルは下図のようなフィールド配置です。
  3. さらに、ピボットグラフを作成する /ピボットグラフにスタイルを適用する で作成したピボットグラフを利用します。
    ピボットグラフのフィールドの配置は下図のようにしています。
  4. ピボットグラフには各フィールドのボタンが配置されています。
    これらのフィールドのボタンを使ってデータを絞り込むことができます。
  5. [販売店]ボタンをクリックします。
    表示されたリストで「鹿屋店」のチェックを外して、[OK]ボタンをクリックしました。
  6. ピボットグラフから「鹿屋店」のデータが削除されました。
    [販売店]ボタンにはフィルターボタンが表示されています。(データが絞り込まれていることを示しています)
  7. さらに、[商品名]ボタンをクリックして、「みかん」と「りんご」のチェックを外しました。
    [OK]ボタンをクリックします。
  8. さらに、商品名のデータも絞り込むことができました。

フィールドボタンの表示/非表示      Topへ

  1. ピボットグラフを選択します。
    ピボットグラフ ツールの[分析]タブを選択します。
    表示/非表示 グループで[フィールドボタン]をクリックして、[すべて非表示]を選択します。
    下図のリストを見ると、各フィールドボタンの表示/非表示を個別に設定することもできるのがわかります。
  2. すべてのフィールドボタンが非表示になりました。
  3. すべて表示するにはピボットグラフを選択します。
    ピボットグラフ ツールの[分析]タブを選択します。
    表示/非表示 グループで[フィールドボタン]をクリックします。

データの絞り込みを解除する      Topへ

  1. データを絞り込んでいるフィールドボタンをクリックします。
    下図では、[販売店]ボタンをクリックして、「"販売店"からフィルターをクリア」をクリックします。
  2. 販売店のフィルターが解除されました。
  3. 同様に、[商品名]ボタンをクリックして、「"商品名"からフィルターをクリア」をクリックします。
  4. 商品名のフィルターが解除されました。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|既存のピボットグラフのオプションを操作する