ピボットグラフを使ってドリルダウン分析する:Excelの基本操作


スポンサードリンク


ピボットグラフを使ってドリルダウン分析する 分類項目を入れ替えた例

ピボットグラフを使ってドリルダウン分析する     Topへ

  1. ドリルダウン分析とはデータを細分化して、詳細な事項でデータを分析していくことです。
    ここでは、既存のピボットグラフのオプションを操作する で使用したピボットグラフを利用して説明します。
    ピボットグラフのフィールドで軸(分類項目)に2つのフィールドを配置します。
    下図では「販売店」と「商品名」の2つのフィールドを配置しています。
    すると、ピボットグラフに「フィールド全体の展開」と「フィールド全体の折り畳み」ボタンが表示されます。
  2. 「フィールド全体の折り畳み」ボタンをクリックしました。
    商品名のデータが折りたたまれました。
  3. 「フィールド全体の展開」ボタンをクリックしました。
    商品名のデータが展開されました。

分類項目を入れ替えた例      Topへ

  1. ドリルダウン分析するフィールドを入れ替えた例です。
    下図では「商品名」と「販売店」の2つのフィールドを配置しています。この順番が上記と異なっています。
  2. 「フィールド全体の折りたたみ」ボタンをクリックしました。
    販売店のデータが折りたたまれました。
  3. 「フィールド全体の展開」ボタンをクリックしました。
    販売店のデータが展開されました。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|ピボットグラフを使ってドリルダウン分析する