LOOKUP 関数を使ってデータを検索する:Excelの基本操作


スポンサードリンク

LOOKUP 関数を使ってデータを検索する      Topへ

LOOKUP 関数を使ってデータを検索する      Topへ

  1. 下表のテスト結果の評価をG2:I6に示す評価基準で評価を判定します。
    B C D E F G H I
    2 No 氏名 テスト結果 評価 評価 得点
    3 1 葛西 祐基 80 × 0 以上
    4 2 宮下 涼 38 40 以上
    5 3 浜田 希 50 60 以上
    6 4 川井 美里 38 80 以上
    7 5 石坂 正和 69
    8 6 笹川 満 99
    9 7 柴崎 優 74
    10 8 赤羽 美幸 63
    11 9 平 奈央 49
    12 10 横田 正志 69
  2. E3セルを選択して、数式バーに =LOOKUP(D3,$H$3:$H$6,$G$3:$G$6) と入力します。
    数式は下方向へコピーしますので、検査範囲 $H$3:$H$6 と対応範囲 $G$3:$G$6 は絶対参照としました。
  3. E3セルに 「◎」と表示されます。
    E3セルを選択して、フィルバンドルをダブルクリックして、下方向へ数式をコピーします。
  4. 関数の挿入ボタンを使った場合は、下図のように各引数を設定します。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|LOOKUP 関数を使ってデータを検索する