SUMIFS、AVERAGEIFS、COUNTIFS 関数を使って論理演算を行う:Excelの基本操作


スポンサードリンク


SUMIFS関数を使って論理演算を行う AVERAGEIFS関数を使って論理演算を行う
COUNTIFS関数を使って論理演算を行う

SUMIFS、AVERAGEIFS、COUNTIFS 関数を使って論理演算を行う      Topへ

SUMIFS関数を使って論理演算を行う      Topへ

  1. 下表の販売リストは先頭行の列見出しで名前が定義されています。
    B3:B17は「日付」、C3:C17は「品種」、D3:D17は「販売数」と名前が定義されています。 操作方法は データ範囲に名前を付ける をご覧ください。
    サンプルファイルは HP_2019_sumifs.xlsx です。
    B C D
    2 日付 品種 販売数
    3 2019/1/10 みかん 88
    4 2019/1/14 りんご 80
    5 2019/1/18 みかん 33
    6 2019/1/22 りんご 43
    7 2019/1/26 バナナ 52
    8 2019/1/30 りんご 46
    9 2019/2/3 みかん 60
    10 2019/2/7 りんご 26
    11 2019/2/11 みかん 19
    12 2019/2/15 りんご 89
    13 2019/2/19 バナナ 49
    14 2019/2/23 りんご 46
    15 2019/2/27 みかん 67
    16 2019/3/3 りんご 95
    17 2019/3/7 みかん 75
  2. 2月に販売したりんごの販売数を計算します。
    数式バーに =SUMIFS( と入力して、[数式]タブの[数式で使用]→[販売数] と名前を利用します。
    すると、=SUMIFS(販売数 と入力できます。
    この操作が面倒なら、直接キーボードから「販売数」と名前を入力してもOKです。その時は入力ミスに注意します。
  3. 同様に定義した名前を利用して数式を作成します。
    数式は =SUMIFS(販売数,日付,">=2019/2/1",日付,"<2019/3/1",品種,"りんご") としました。

AVERAGEIFS関数を使って論理演算を行う      Topへ

  1. 2月に販売したみかんの販売数の平均値を計算します。
    数式は =AVERAGEIFS(販売数,日付,">=2019/2/1",日付,"<2019/3/1",品種,"みかん") としました。

COUNTIFS関数を使って論理演算を行う      Topへ

  1. 2月にみかんを販売した日数を計算します。
    数式バーに =COUNTIFS(日付,">=2019/2/1",日付,"<2019/3/1",品種,"みかん") と入力します。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|SUMIFS、AVERAGEIFS、COUNTIFS 関数を使って論理演算を行う