名前付き範囲とオブジェクトを管理する:Excelの基本操作


スポンサードリンク

名前付き範囲とオブジェクトを管理する      Topへ

  1. [ホーム]タブの編集グループの[検索と選択]→[オブジェクトの選択と表示]を選択します。
    名前付き範囲とオブジェクトを管理する01
    または、[ページレイアウト]タブの配置グループの[オブジェクトの選択と表示]を選択します。
    名前付き範囲とオブジェクトを管理する02
  2. シートの右端に選択作業ウィンドウが表示されます。
    シートに配置してあるオブジェクトの名前が一覧表示されます。
    名前付き範囲とオブジェクトを管理する03
  3. この作業ウィンドウはタイトル部分をドラッグしてシート内に表示さることもできます。
    名前付き範囲とオブジェクトを管理する04
  4. 選択作業ウィンドウでオブジェクト名をクリックするとそのオブジェクトを選択することができます。
    下図は Option Button7 を選択しています。
    名前付き範囲とオブジェクトを管理する05
  5. ダブルクリックすると、オブジェクト名を編集することができます。
    下図では 「Windows 7」とオブジェクト名を変更しました。
    名前付き範囲とオブジェクトを管理する06

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|名前付き範囲とオブジェクトを管理する