セル範囲に名前を付ける:Excelの基本操作


スポンサードリンク


名前ボックスを利用して、セル範囲に名前を付ける セル範囲に定義した名前を削除する
数式に定義した名前を利用する

セル範囲に名前を付ける      Topへ

名前ボックスを利用して、セル範囲に名前を付ける      Topへ

  1. 各教科の得点に名前を定義します。
    E1:E12セルを選択して、名前ボックスに「国語」と入力して、[Enter]キーで確定します。
    セル範囲に名前を付ける01
  2. F1:F12セルを選択して、名前ボックスに「数学」と入力して、[Enter]キーで確定します。
    セル範囲に名前を付ける02
  3. G1:G12セルを選択して、名前ボックスに「英語」と入力して、[Enter]キーで確定します。
    セル範囲に名前を付ける03
  4. 名前ボックスを展開すると、定義した名前を見ることができます。
    セル範囲に名前を付ける04

セル範囲に定義した名前を削除する      Topへ

  1. [数式]タブの定義された名前グループの[名前の管理]をクリックします。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[F3]です。
    セル範囲に名前を付ける05
  2. 名前の管理 ダイアログボックスが表示されます。
    削除する名前を選択します。
    ここでは、名前「英語」をクリックして、[Shift]キーを押した状態で、「数学」をクリックします。
    するとすべての名前を選択することができます。
    [削除]ボタンをクリックします。
    セル範囲に名前を付ける06
  3. 「選択した名前を削除してもよろしいですか?」と表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
    セル範囲に名前を付ける07
  4. 名前の管理 ダイアログボックスから選択していた名前が削除されました。
    [閉じる]ボタンをクリックします。
    セル範囲に名前を付ける08

数式に定義した名前を利用する      Topへ

  1. 数式を入力するセルを選択します。E13セルを選択します。
    数式バーに =AVERAGE( と入力して、[数式]タブの[数式で使用]をクリックして、定義した名前「国語」をクリックします。
    セル範囲に名前を付ける13
  2. =AVERAGE(国語) と定義した名前を利用した数式が作成されました。
    セル範囲に名前を付ける14
  3. F13,G13セルも同様に定義した名前を数式に利用します。
    セル範囲に名前を付ける15

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|セル範囲に名前を付ける