数式を使った条件付き書式ルールを作成する:Excelの基本操作


スポンサードリンク


数式を使った条件付き書式ルールを作成する 条件付き書式を解除する

数式を使った条件付き書式ルールを作成する      Topへ

  1. 下図の成績表で合計が上位 5位 の氏名を赤色で表示します。
    条件付き書式を設定するセル C4:C17を選択します。 数式を使った条件付き書式ルールを作成する02
  2. [ホーム]タブのスタイルグループにある[条件付き書式]→[新しいルール]を選択します。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する03
  3. 新しいルール ダイアログボックスが表示されます。
    「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。
    次の数式を満たす場合に値を書式設定で =RANK(I4,$I$4:$I$17)<=5 と数式を入力します。
    [書式]ボタンをクリックします。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する04
  4. [フォント]タブを選択して、色で「赤色」を選択します。
    [OK]ボタンをクリックします。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する05
  5. 条件付き書式の設定ができました。[OK]ボタンをクリックします。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する06
  6. 合計得点が上位5位の名前が赤色で表示されました。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する07

  1. 各教科の得点と合計が平均より大きいセルに色を付けます。
    1つの条件(ルール)で条件付き書式を設定します。
    設定するセル範囲 F4:I17 を選択します。 数式を使った条件付き書式ルールを作成する08
  2. [ホーム]タブのスタイルグループにある[条件付き書式]→[新しいルール]を選択します。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する09
  3. 新しいルール ダイアログボックスが表示されます。
    「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。
    次の数式を満たす場合に値を書式設定で =AVERAGE(F$4:F$17)<=F4 と数式を入力します。
    [書式]ボタンをクリックします。 数式を使った条件付き書式ルールを作成する10
  4. [塗りつぶし]タブを選択しました。
    パターンの色とパターンの種類を選択しました。
    [OK]ボタンをクリックします。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する11
  5. 条件付き書式の設定ができました。
    「OK」ボタンをクリックします。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する12
  6. 各教科と合計が平均以上のセルを塗りつぶすことができました。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する13

条件付き書式を解除する

  1. シート全体からルールをクリアする場合は条件付き書式をクリアするシートをアクティブにします。(シートを選択します。)
    [ホーム]タブのスタイルグループにある[条件付き書式]→[ルールのクリア]→[シート全体からルールをクリア]を選択します。
    数式を使った条件付き書式ルールを作成する14

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|数式を使った条件付き書式ルールを作成する