連続データの詳細オプションを使ってセルにデータを入力する:Excelの基本操作


スポンサードリンク

連続データの詳細オプションを使ってセルにデータを入力する      Topへ

  1. 大量の連続データを作成してみます。2019/1/6 (日)から 2019/12/29 (日)までの日曜日だけを入力します。
    C2セルに 2019/1/6 と入力して、[ホーム]タブの数値グループにある「数値の書式」から「長い日付形式」を設定します。
    日曜日だけが入力されたのを確認するためです。 連続データの詳細オプションを使ってセルにデータを入力する01
  2. C2セルを選択します。
    [ホーム]タブの編集グループにある[フィル]→[連続データの作成]を選択します。
    連続データの詳細オプションを使ってセルにデータを入力する02
  3. 連続データ ダイアログボックスが表示されます。
    範囲で 列にチェックを入れます。(連続データを作成する方向を指定します)
    種類で 「日付」にチェックを入れます。
    増分値に 7 、停止値に 2019/12/31 と入力します。
    連続データの詳細オプションを使ってセルにデータを入力する03
  4. 2019/1/6から2019/12/29までの日曜日の連続データが入力できました。
    下図ではデータが多くなるので途中の行を非表示にしています。
    連続データの詳細オプションを使ってセルにデータを入力する04

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|連続データの詳細オプションを使ってセルにデータを入力する