オブジェクトのプロパティを変更する:Excelの基本操作


スポンサードリンク

オブジェクトのプロパティを変更する      Topへ

  1. [図形]→「四角形:角を丸くする]で四角形をシートに描画しました。
    オブジェクトのプロパティを変更する01
  2. C3:E6セルの中に描画されています。
    オブジェクトのプロパティを変更する02
  3. 列を挿入すると、四角形も幅が広がりました。
    オブジェクトのプロパティを変更する03
  4. [元に戻す]ボタンをクリックして、セル幅を元に戻します。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[Z] です。
    オブジェクトのプロパティを変更する04
  5. 図形の四角形を選択します。
    [図形の書式]タブの図形のスタイル グループのダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    オブジェクトのプロパティを変更する05
  6. 図形の書式設定が表示されます。
    図形のオプションを選択し、[プロパティ]をクリックして、展開します。
    「セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない」にチェックを入れます。
    オブジェクトのプロパティを変更する06
  7. CD列を選択して、右クリクして、[挿入]を実行しました。
    オブジェクトのプロパティを変更する07
  8. 1列挿入されましたが、四角形のサイズは変化しません。
    オブジェクトのプロパティを変更する08
  9. 同様にC列を選択して、列を挿入すると、四角形は移動しました。
    オブジェクトのプロパティを変更する09

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|オブジェクトのプロパティを変更する