アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する


スポンサードリンク


アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する 代替テキストがない場合にチェックする方法

アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する      Topへ

テーブルの代替テキストの入力

  1. テーブル内のセルを右クリックします。
    右クリックメニューの[テーブル]→[代替テキスト]を選択します。
    アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する01
  2. 代替テキスト ダイアログボックスが開きます。
    タイトルと説明を入力します。
    [OK]ボタンをクリックします。
    アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する02

画像の代替テキストの入力

  1. 画像を選択して、[図の形式]タブのアクセシビリティグループの[代替テキスト]をクリックします。
    アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する03
  2. 代替テキスト ウィンドウが表示されます。
    説明文を入力します。
    アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する05

グラフの代替テキストの入力

  1. グラフ(グラフエリア)を選択して、[グラフの書式]タブのアクセシビリティグループの[代替テキスト]をクリックします。
    アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する06
  2. 代替テキスト ウィンドウが表示されます。
    説明文を入力します。
    アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する09

代替テキストがない場合にチェックする方法      Topへ

  1. [ファイル]タブをクリックして、バックステージを表示します。
    [情報]を選択して、[問題のチェック]→[アクセシビリティ チェック]をクリックします。
  2. アクセシビリティ チェックの作業ウィンドウが表示されます。
    代替テキストがないものがあると、エラーとして検査結果に表示されます。
  3. 「代替テキストがありません」をクリックすると、どのオブジェクトに代替テキストが無いのかがわかります。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|アクセシビリティ向上のため、オブジェクトに代替テキストを追加する