オートフィル機能を使ってセルにデータを入力する:Excelの基本操作


スポンサードリンク


オートフィル機能について 連続した数値を入力する
フラッシュ フィルの使い方

オートフィル機能について      Topへ

連続した数値を入力する      Topへ

オートフィル オプション を利用する

  1. B2セルに 1 と入力しています。
    フィルハンドルをドラッグすると、すべてのセルに B2セルの値がコピーされます。
  2. 右下に表示される オートフィル オプションボタンをクリックして、リストから「連続データ」を選択すると、入力された数値が連続値に変換されます。

フィルハンドルを右ドラッグする

  1. B2セルに 1 と入力しています。
    マウスの右ボタンを押した状態でドラッグします。(左ボタンだと通常のオートフィルになります)
  2. 連続データが入力されます。

増減した連続値を入力する

  1. B2セルに 12 、B3セルに +2 した 14を入力して、 B2:B3を選択します。
    フィルハンドルを下方向にドラッグします。
  2. 12,14,16・・・ と +2 の連続データが入力できました。

フラッシュフィルの使い方      Topへ

オートフィル オプション を利用する

  1. 姓と名がB列とC列に入力されています。
    D3セルに 「姓」 「一つのスペース」 「名」 を入力しています。
    D3セルを選択して、フィルハンドルをダブルクリックします。(通常のオートフィルと同じ操作です)
    右下に表示される [オートフィル オプション] ボタンをクリックして、表示されるリストから [フラッシュ フィル]を選択します。
  2. 「姓」 と 「名」の間にスペースが入った「名前」が作成できました。

データ タブのフラッシュフィルを利用する

  1. 姓と名がB列とC列に入力されています。
    D3セルに 「姓」 「一つのスペース」 「名」 を入力しています。
    D3セルを選択します。
  2. [データ]タブを選択して、データ ツール グループにある [フラッシュ フィル]をクリックします。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[E] です。
  3. 「姓」 と 「名」の間にスペースが入った「名前」が作成できました。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|オートフィル機能を使ってセルにデータを入力する