印刷範囲を設定する:Excelの基本操作


スポンサードリンク


印刷範囲を設定する ページ設定ダイアログで印刷範囲を設定する
印刷範囲をクリアする

印刷範囲を設定する     Topへ

  1. 印刷範囲に設定するセル範囲を選択します。
    下図ではB3:G11を選択しています。
  2. [ページレイアウト]タブのページ設定グループにある[印刷範囲]→[印刷範囲の設定]を実行します。
  3. 選択していた範囲に Print_Area と名前が定義されます。
  4. [ファイル]タブをクリックしてバックステージを表示します。
    [印刷]をクリックします。
    ショートカットキーは[Ctrl]+[P]または[Ctrl]+[F2]です。
    印刷範囲に設定した範囲だけが印刷プレビューに表示されます。

ページ設定ダイアログで印刷範囲を設定する     Topへ

  1. リボンの[ページアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログ起動ツールをクリックして、ページ設定ダイアログボックスを開きます。
  2. アクセスキーを使うこともできます。
    [Alt]+[P]+[S]+[P] と順番にキーボードのキーを押します。
  1. ページ設定ダイアログボックスで、[シート]タブを選択します。
    印刷範囲のボックスに印刷範囲のセル範囲を設定します。
    印刷範囲のボックスをクリックしてカーソルを表示して、印刷範囲に設定するシートのセル範囲をドラッグして指定することができます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  2. 名前ボックスで[Print_Area]を選択すると、印刷範囲に設定した範囲を確認することができます。
  3. [Ctrl]+[P]で印刷プレビューを開くことができます。
    印刷範囲に設定した範囲だけが印刷プレビューに表示されます。

印刷範囲をクリアする     Topへ

  1. [ページレイアウト]タブのページ設定グループにある[印刷範囲]→[印刷範囲のクリア]を実行します。
  2. アクセスキー [Alt]+[P]+[S]+[P] と順番にキーボードのキーを押します。
    ページ設定ダイアログの[シート]タブで印刷範囲のボックス内のセル範囲を削除します。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|印刷範囲を設定する