ブックにテキストファイルをインポートする:Excelの基本操作


スポンサードリンク

テキストファイル ウィザードを使ってインポートする     Topへ

  1. [データ]タブの[データの取得]→[従来のウィザード]→[テキストから(レガシ)]をクリックします。
  2. テキスト ファイルのインポート ダイアログボックスが表示されます。
    ファイルが保存されている場所を開き、テキスト ファイルを選択して[インポート]ボタンをクリックします。
  3. テキストファイルウィザードが表示されます。
    「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックを入れます。
    「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。
    [次へ]ボタンをクリックします。
  4. 区切り文字で「カンマ」にチェクを入れます。
    データのプレビューで各データが区切り文字のカンマで区切られたのがわかります。
    [次へ]ボタンをクリックします。
  5. [完了]ボタンをクリックします。
  6. 「データを返す先を選択してください。」でデータの取り込み先を指定します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  7. Excelにテキストファイルをインポートすることができました。
  8. ただし、この状態はテキストファイルのファイル形式になっていますのでExcelのファイルの標準形式に変換する必要があります。
    名前を付けて保存でファイルの種類を「Excelブック(*.xlsx)」としてファイル名を入力して[保存]します。
  9. Excelのファイル形式でファイルを保存できました。

テキストファイル ウィザードを使ってインポートする(その2)     Topへ

  1. [ファイル]タブをクリックして、バックステージを開きます。
    [開く]を選択して、[参照]をクリックします。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[O(オウ)]です。
  2. ファイルを開く ダイアログボックスが開きます。
    ファイルの種類を「テキストファイル(*.prn,*.txt,*.csv)」を選択します。
    開きたいテキストファイルを選択して、[開く]ボタンをクリックします。
  3. テキストファイルウィザードが表示されます。
    「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックを入れます。
    「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。
    [次へ]ボタンをクリックします。
  4. 区切り文字で「カンマ」にチェクを入れます。
    データのプレビューで各データが区切り文字のカンマで区切られたのがわかります。
    [次へ]ボタンをクリックします。
  5. [完了]ボタンをクリックします。
  6. Excelのシートにデータがインポートされました。
    ファイル名は テキストファイルと同じ名前になっています。ちなみに拡張子は .txt になっています。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excelの基本操作の目次|ブックにテキストファイルをインポートする