エクセル練習問題:曜日ごとに集計する


スポンサードリンク

問題   topへ

問題1の解答例    topへ

  1. 配列数式で計算する

    • 配列数式にして計算することができます。計算式は F3セルに {=SUM(IF(TEXT($B$3:$B$21,"aaaa")=E3,$C$3:$C$21))} と入力されています。
    • TEXT(($B$3:$B$21,"aaaa") の部分で B3:B21セルの日付(シリアル値)から Text関数で曜日を取り出しています。
      E列の曜日とを比較して、曜日が一致したら、C列の販売金額を合計するという仕組みになっています。
      この数式は配列を扱うための数式にしてありますので、
      =SUM(IF(TEXT($B$3:$B$21,"aaaa")=E3,$C$3:$C$21)) と入力して、[Shift] + [Ctrl] + [Enter] で入力を確定する必要があります。すると、数式の前後が { } でくくられ、配列数式として入力が確定されます。
  2. 作業列を利用して計算する

    • 配列数式を使わない方法としては、作業列を使用する方法が考えられます。
    1. 作業列に曜日を書き出します。
      E列の曜日と同じスタイルにするため D3セルの数式は =TEXT(B3,"aaaa") としました。
    2. 条件付きの合計計算になりますので、SUMIF関数が使用できます。
      F3セルには =SUMIF($D$3:$D$21,E3,$C$3:$C$21) と入力しました。
  3. ピボットテーブルを使って曜日ごとに集計する

    1. 作業列に =TEXT(B3,"aaaa") と入力して、曜日を表示します。
    2. [挿入]タブの[ピボットテーブル]を実行します。
    3. ピボットテーブルの作成ダイアログボックスが表示されます。
      テーブル/範囲に B2:D21 が設定されているのを確認します。
      ピボットテーブルを配置する場所を選択してください。で「既存のワークシート」にチェックを入れて、セルを指定します。
    4. フィールドを下図のように、行に「作業列」、Σ値に「合計/販売金額」をドラッグして設定します。
      曜日ごとに集計ができました。
      • Σ値で「個数/販売金額」など合計でない場合はピボットテーブルのフィールドでラベルをクリックして、リストから[値フィールドの設定]をクリックします。


        選択してフィールドのデータで「合計」を選択します。
      • セルの表示形式はこのダイアログボックスの[表示形式]ボタンをクリックします。
        セルの書式設定ダイアログで表示形式を設定することができます。

問題2の解答例    topへ

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方エクセル練習問題:目次|曜日ごとに集計する