順位の計算:エクセル練習問題


スポンサードリンク

問題    topへ

問題1の解答例    topへ

順位はRANK関数で求めることができます

RANK.EQ関数を使って求める

Spill(スピル)が使える場合(Microsoft365)

COUNTIF関数を使って求める

問題2の解答例    topへ

  1. 数式の例:同点が上のデータにあるか否かをCOUNTIF関数で調べます。
    同点が2個あれば、2つ目の同点者はRANK関数で求めた順位+1 となりますので、+COUNTIF($D$3:D3,D3)-1 と補正します。
    この問題では絶対参照の使い方がポイントと考えます。 E3セルに =RANK(D3,$D$3:$D$10)+COUNTIF($D$3:D3,D3)-1 と入力して、下方向へコピーします。
  2. 作業列を使ってもよいケースでは行番号を補正値に利用した作業列を設けます。
    B C D E F
    2 名前 性別 得点 作業列 順位
    3 相沢一郎 52 51.97 =RANK(E3,$E$3:$E$10)
    4 井上浩二 74 73.96 =RANK(E4,$E$3:$E$10)
    5 上野有紀 84 83.95 =RANK(E5,$E$3:$E$10)
    6 内野武 77 76.94 =RANK(E6,$E$3:$E$10)
    7 上田祥子 68 67.93 =RANK(E7,$E$3:$E$10)
    8 江田早苗 77 76.92 =RANK(E8,$E$3:$E$10)
    9 榎本高貴 77 76.91 =RANK(E9,$E$3:$E$10)
    10 小田和樹 47 46.9 =RANK(E10,$E$3:$E$10)
  3. Microsoft365ではFilter関数、SORT関数、XMATCH関数が使えます。
    無理やり感がありますが・・・名前を得点の高い順に並べ替えて、その並べ替えた配列で各行の名前が何番目に有るかを調べています。
    E3セルに =XMATCH(B3:B10,FILTER(SORT(B3:D10,3,-1),{1,0,0})) と入力しています。

問題3の解答例    topへ

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方エクセル練習問題:目次|順位の計算