エクセル練習問題:1行おきに合計する


スポンサードリンク

問題    topへ

問題1の解答例    topへ

SUMIF関数を使う

  1. 合計するセルの左には「数量」と「金額」と入力されているので、SUMIF関数で計算することができます。
    D15セルは =SUMIF($C$3:$C$14,C15,$D$3:$D$14) としました。
    D16セルは =SUMIF($C$3:$C$14,C16,$D$3:$D$14) としました。

奇数行の合計・偶数行の合計で計算する(SUMPRODUCT,ISODD,ISEVEN関数を使う)

  1. 数量は奇数行、金額は偶数行に入力されているので、奇数行の合計と偶数行の合計を求めると考えることができます。
    ISODD関数で行番号が奇数である時に合計すると考えると、=SUMPRODUCT((ISODD(ROW(D3:D14)))*(D3:D14)) となります。
    偶数はISEVEN関数で判定ができるので、 D16セルは =SUMPRODUCT((ISEVEN(ROW(D3:D14)))*(D3:D14)) となります。

奇数行の合計・偶数行の合計で計算する(SUMPRODUCT,MOD,ROW関数を使う)

  1. 上記と同じですが、行の奇数と偶数は 行番号を2で割って余りが 1のときは奇数、0のときは偶数 となる、と考えることができます。
    D15セルは =SUMPRODUCT((MOD(ROW(D3:D14),2)=1)*(D3:D14)) としました。
    D15セルは =SUMPRODUCT((MOD(ROW(D3:D14),2)=0)*(D3:D14)) としました。

奇数行の合計・偶数行の合計で計算する(配列数式を使う)

  1. 奇数偶数で計算するのに、配列数式を使って求めることもできます。
    D15セルに =SUM(IF(MOD(ROW(D3:D14),2)=1,D3:D14,"")) と入力して、[Shift]+[Ctrl]+[Enter]で数式を確定して、配列数式にします。
    D16セルは =SUM(IF(MOD(ROW(D3:D14),2)=0,D3:D14,"")) と入力して、[Shift]+[Ctrl]+[Enter]で数式を確定して、配列数式にします。

統合の機能を使う

  1. 計算式を使わずに求めることもできます。統合の機能を利用します。
    C15:C16セルを選択します。
  2. 「データ」タブの[総合]を実行します。(下図はExcel2010の画像です)
  3. 集計の方法が「合計」になっているのを確認します。
    統合元の範囲で C3:D14セルを指定します。 (この画面ではSheet4で操作しているので Sheet4!C3:D14となっています)
    [追加]ボタンをクリックして、統合元に選択して指定した範囲を登録します。
    統合の基準で「左端列」にチェックを入れます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  4. 計算結果が表示されました。
    計算式(数式)を使っていませんので、セルには結果の値が入力されているのが分かります。

問題2の解答例    topへ

SUMIF関数を使う

  1. 合計するセルの左には「金額」と入力されているので、SUMIF関数で計算することができます。
    D15セルは =SUMIF($C$3:$C$14,"金額",D3:D14) としました。
    D15セルの数式を右方向へオートフィルしてコピーすれば完成です。

SUMPRODUCT,MOD,ROW関数を使って3行目ごとに合計する

  1. D15セルは =SUMPRODUCT((MOD(ROW(D3:D14),3)=2)*(D3:D14)) としました。


    計算の過程は、3行ごとに計算したいので、行番号を3で割るとあまりが 2 となる行を調べます。数式は (MOD(ROW(D3:D14),3)=2 となります。
    この部分は下図のように、{FALSE;FALSE;TRUE;FALSE;FALSE;TRUE;FALSE;FALSE;TRUE;FALSE;FALSE;TRUE} と該当行はTRUEが返されます。
    FALSE=0 TRUE=1 として、各セルとの積を合計します。 SUM(D3*0,D4*0,D5*1,D6*0,D7*0,D8*1,D9*0,D10*0,D11*1,D12*0,D13*0,D14*1) と計算されます。

3行ごとに合計する(配列数式を使う)

  1. 3行おきに計算するのに、配列数式を使って求めることもできます。
    D15セルに =SUM((MOD(ROW(D3:D14),3)=2)*(D3:D14)) と入力して、[Shift]+[Ctrl]+[Enter]で数式を確定して、配列数式にします。

統合の機能を使う

  1. 計算式を使わずに求めることもできます。統合の機能を利用します。
    C15セルを選択します。ポイントはC15セルに合計する行と同じく、 金額 と入力されていることと、このセルを選択していることが必要です。
  2. 「データ」タブの[総合]を実行します。(下図はExcel2016の画像です)
  3. 集計の方法が「合計」になっているのを確認します。
    統合元の範囲で C3:G14セルを指定します。 
    [追加]ボタンをクリックして、統合元に選択して指定した範囲を登録します。(この画面ではSheet3で操作しているので Sheet3!$C$3:$G$14となっています)
    統合の基準で「左端列」にチェックを入れます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  4. 計算結果が表示されました。
    計算式(数式)を使っていませんので、セルには結果の値が入力されているのが分かります。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方エクセル練習問題:目次|1行おきに合計する