エクセル練習問題:データ抽出の練習


スポンサードリンク

練習用データ    topへ

問題    topへ

問題1の解答例    topへ

  1. フィルターでの操作例

    1. データ範囲B2:E25を選択します。
      なお、データ範囲の周囲の列や行が空欄でExcelがデータ範囲を自動で認識できる状態であるなら、データ範囲内のセルを選択しているだけでOKです。
      • [Ctrl]+[Shift]+[*]キーで選択される範囲がExcelが認識しているデータ範囲となります。
    2. [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]を実行します。
    3. D列の列見出し(フィールド名)「みかん」の右の[▼]ボタンをクリックします。
      リストの「○」にチェックが入った状態にします。
      [OK]ボタンをクリックします。
      これを「りんご」「みかん」「バナナ」の各列で実行します。
    4. 下図の結果になります。

問題2の解答例    topへ

  1. そのままではオートフィルターではデータの抽出ができませんので、作業列を利用します。

    1. F3セルに =COUNTIF(C3:E3,"○") と入力して、下方向へコピーします。
    2. 作業列で フィルターをかけ「2」のデータを抽出します。
    3. 下図の結果になります。
  2. [詳細データ](フィルターオプションの設定)を使う方法もあります。

    1. 抽出条件を書き出す方法      topへ

      1. H2:J5セルに抽出する条件を書き出します。
        データリスト内のセルを選択します。[データ]タブの[詳細設定]を実行します。
      2. フィルターオプションの設定で、抽出先を「選択範囲内」とします。
        リスト範囲を「B2:E27」、検索条件範囲を「H2:J5」として、[OK]ボタンをクリックします。
      3. 下図のように5件のデータが抽出されました。
    2. 抽出条件を数式で指定する方法      topへ

      1. H3セルに抽出条件 =COUNTIF(C3:E3,"○")=2 を入力します。
        H2セルには「抽出条件」と入力していますが、未入力であってもかまいません。
        または、データリストの列見出しと重ならない文字列でもOKです。
      2. データリスト内のセルを選択します。[データ]タブの[詳細設定]を実行します。
      3. フィルターオプションの設定で、抽出先を「選択範囲内」とします。
        リスト範囲を「B2:E27」、検索条件範囲を「H2:H3」として、[OK]ボタンをクリックします。
      4. 下図のように5件のデータが抽出されました。

問題3の解答例    topへ

  1. そのままではデータの抽出ができませんので、作業列を利用します。

    1. F3セルに =COUNTIF(C3:E3,"○") と入力して、下方向へコピーします。
    2. 作業列で フィルターをかけ[数値フィルター]→[指定の値以上]を実行します。
    3. 「1」「以上」 と設定して、[OK]ボタンをクリックします。
    4. 下図のように17件のデータが抽出されました。
  2. [詳細データ](フィルターオプションの設定)を使う方法もあります。

    1. 抽出条件を書き出す方法      topへ

      1. H2:J5セルに抽出する条件を書き出します。
        [データ]タブの[詳細設定]を実行します。
        • 抽出条件は下図のように書くこともできます。
      2. フィルターオプションの設定で、抽出先を「選択範囲内」とします。
        リスト範囲を「B2:E27」、検索条件範囲を「H2:J5」として、[OK]ボタンをクリックします。
      3. 下図のように17件のデータが抽出されました。
    2. 抽出条件を数式で指定する方法      topへ

      1. H3セルに抽出条件 =COUNTIF(C3:E3,"○")>=1 を入力します。
        H2セルには「抽出条件」と入力していますが、未入力であってもかまいません。
        または、データリストの列見出しと重ならない文字列でもOKです。
      2. データリスト内のセルを選択します。[データ]タブの[詳細設定]を実行します。
      3. フィルターオプションの設定で、抽出先を「選択範囲内」とします。
        リスト範囲を「B2:E27」、検索条件範囲を「H2:H3」として、[OK]ボタンをクリックします。
      4. 下図のように17件のデータが抽出されました。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方エクセル練習問題:目次|データ抽出の練習