エクセル練習問題:複数のシートのデータを集計する


スポンサードリンク

問題    topへ

問題1の解答例    topへ

問題2の解答例    topへ

SUMIF関数を使って求める INDIRECT関数を使って求める
統合機能を使って複数シートを集計する ピボットテーブル機能を使って複数シートを集計する
  1. SUMIF関数を使って求める

  2. INDIRECT関数を使って求める

  3. 統合機能を使って複数シートを集計する

    1. 統合機能を使うために1月〜3月のシートの列見出し「金額」をそれぞれ「1月」「2月」「3月」と変更します。
    2. 集計シートの集計先のシート範囲 B2:E8 を選択します。
    3. [データ]タブの[統合]をクリックします。
      • Excelのウィンドウの表示幅が狭いと下図のような表示になります。
    4. 統合の設定ダイアログボックスが表示されます。
      集計の方法で「合計」を選択します。
      統合元範囲のボックス内をクリックしてカーソルを表示して、シート「1月」のB2:E17セルを選択して、[追加]ボタンをクリックし、統合元へセル範囲を登録します。
      「2月」「3月」のシートでも同様に、統合元範囲のボックス内をクリックしてカーソルを表示して、データ範囲を選択後、[追加]ボタンをクリックし、統合元へセル範囲を登録します。
      ここのポイントは 選択するセル範囲の左端が B列の品名の列になっていることです。
      統合の基準の上端行と左端列のチェックを入れます。
      [OK]ボタンをクリックします。
    5. 月別の複数シートの集計ができました。
      ちなみに、数式で計算していないのでC3セルには数値が表示されています。
  4. ピボットテーブル機能を使って複数シートを集計する

    1. データを1つのシートにまとめます。
      新しいシートに各シートのデータをコピーして貼り付けます。
    2. [挿入]タブの[ピボットテーブル]をクリックします。
    3. テーブル/範囲に コピーしたデータ範囲を指定します。
      「既存のワークシート」にチェックを入れて、I3セルを指定しました。
      [OK]ボタンをクリックします。
    4. 列に 「月日」をドラッグします。Excel2016以降では自動で日時のグループ化が行われます。
      行に「品名」をドラッグします。
      Σ値に 「金額」をドラッグします。
    5. ピボットテーブルで集計ができました。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方エクセル練習問題:目次|複数のシートのデータを集計する