エクセル練習問題:数値を丸める(四捨五入・切り上げ・切り捨て)


スポンサードリンク

問題    topへ

問題1の解答例   topへ

数式バーで数式を入力する手順

  1. 数式バーに =AVERAGE(C3:E3) と平均値を計算する数式を入力します。(下図ではaverageと小文字で入力していますが、数式の入力を確定すると大文字に修正されます)
  2. 前に四捨五入の関数 ROUND と入力して、引数 1 を入力します。
  3. [Ctrl]+[Enter]キーで数式の入力を確定します。数式が大文字になりました。アクティブセルはF3のままです。
    F3セルのフィルハンドルをダブルクリック、またはドラッグしてF5セルまで数式をコピーして完了です。

関数の挿入を使って数式を入力する手順

  1. 数式を入力する F3セルを選択して、数式バーの横の[関数の挿入]ボタンをクリックします。
    関数の挿入ダイアログボックスの関数の分類で「すべて表示」を選択し、関数名で「ROUND」を選択します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  2. ROUND関数の引数ダイアログボックスが表示されます。数値の欄内をクリックしてカーソルを表示します。
    名前ボックスの▼をクリックして、リストから「AVERAGE」を選択します。
  3. AVERAGE関数の引数ダイアログボックスの数値1に C3:E3 と入力します。
  4. 数式バーの数式の ROUND部分をクリックして、ROUND関数の引数ダイアログボックスに表示を切り替えます。
    桁数に 1 と入力します。桁数に「1」を入れると小数点以下1桁で丸められます。
    数式が完成しましたので、[OK]ボタンをクリックします。
  5. F3セルに =ROUND(AVERAGE(C3:E3),1) と入力されました。
  6. F3セルを選択し、フィルハンドルをドラッグしてF5セルまで数式と書式をコピーして完了です。

問題2の解答例   topへ

  1. まず、平均はAVERAGE関数を使って求めます。
    F3セルでは=AVERAGE(C3:E3) となります。
  2. 切り上げはROUNDUP関数を使い、引数の桁数には「1」を入れると小数点以下1桁で丸められます。
    F3セルでは =ROUNDUP(AVERAGE(C3:E3),1) となります。
  3. F3セルを選択し、フィルハンドルをドラッグしてF5セルまで数式と書式をコピーして完了です。

問題3の解答例   topへ

  1. まず、平均はAVERAGE関数を使って求めます。
    F3セルでは=AVERAGE(C3:E3) となります。
  2. 切り上げはROUNDDOWN関数を使い、引数の桁数には「1」を入れると小数点以下1桁で丸められます。
    F3セルでは =ROUNDDOWN(AVERAGE(C3:E3),1) となります。
  3. F3セルを選択し、フィルハンドルをドラッグしてF5セルまで数式と書式をコピーして完了です。

問題4の解答例   topへ

  1. 平均はAVERAGE関数を使って求めます。
    F3セルでは=AVERAGE(C3:E3) となります。
  2. 切り上げはMROUND関数を使い引数(倍数)には「50」を入れます。
    F3セルでは =MROUND(AVERAGE(C3:E3),50) となります。
  3. F3セルを選択し、フィルハンドルをドラッグしてF5セルまで数式と書式をコピーして完了です。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方エクセル練習問題:目次|数値を丸める(四捨五入・切り上げ・切り捨て)