和暦の令和1年を令和元年と表示形式で表示することができるようになりました(Excel2019,Office365)


スポンサードリンク


和暦の令和1年を令和元年と表示形式で表示することができるようになりました(Excel2019,Office365)    Topへ

表示形式で元年を表示する方法   Topへ

  1. B列には日付データが入力されています。
    C列には =B3 とB列の値を参照しています。
    これまでは下図のように、和暦でも1年と表示されていました。
    和暦で1年を元年と表示することができるようになりました02
  2. Excel2019,Excel for Office 365では表示形式のダイアログが変更されました。
    日付が入力されているセルを選択して、[Ctrl]+[1]でセルの書式設定 ダイアログボックスを開きます。
    [表示形式]タブの[分類]で 日付を選択します。
    カレンダーの種類で 和暦 を選択します。
    「1年を元年と表記する」にチェックを入れます。
    和暦で1年を元年と表示することができるようになりました03
  3. すると、1年が元年と表示されました。
    和暦で1年を元年と表示することができるようになりました07

ユーザー定義の表示形式は?   Topへ

  1. 上記で設定した表示形式のセルを選択して、[Ctrl]+[1]でセルの書式設定 ダイアログボックスを開きます。
    分類で「ユーザー定義」を選択すると、種類に [$-ja-JP-x-gannen]ggge"年"m"月"d"日";@ と表示されます。
    これをユーザー定義で設定すれば良いことがわかります。
    和暦で1年を元年と表示することができるようになりました08

TEXT関数で1年を元年とする方法   Topへ

スポンサードリンク



HomeExcel2019で変わったこと(気づいたこと)|和暦の令和1年を令和元年と表示形式で表示することができるようになりました(Excel2016,Office365)