Excel2019で変わったこと(気づいたこと)


スポンサードリンク


Excel2019で変化したところ    Topへ

  1. Officeテーマで「黒」が選択できるようになりました

  2. Excel2019の新機能をクリックすると、緑色の小さな説明ウィンドウが表示されます

  3. リボンに「ヘルプ」タブが新しく追加されています。

  4. 数式オートコンプリートで入力した語句を含む関数も表示されるようになりました。

  5. 上付き文字、下付き文字のコマンドをリボンなどに追加できるようになりました。

  6. 翻訳機能が変わったようです

    1. [校閲]タブの[翻訳]をクリックします。
    2. 初めての場合は「インテリジェントサービスを利用しますか?」と表示されます。
    3. 翻訳元の言語のボックス内に翻訳する文章を入力するか、セルを選択します。
      ここでは、英文が入力されている B3セルを選択します。
    4. B3セルの英文がボックス内に表示され、「英語」と自動認識されました。
      翻訳先の言語で「日本語」を選択していますので、日本語に翻訳されました。
    5. 翻訳先の言語で「フランス語」を選択すると、フランス語に翻訳されました。
  7. Excel2016(Excel2019)ではファイルをUTF-8のCSV形式で保存することができるようになりました

  8. Excel2016(Excel2019)では PowerQueryが「データの取得と変換」から実行することができます。

  9. Excel2016(Excel2019)では外部ファイルの読み込みがPowerQueryで行われるようになりました。

    従来のテキストファイルウィザードから読み込む方法も残されています。
  10. 「操作をアニメーションで表示する」の機能をオフにする

  11. 「操作の結果を音で知らせる」の機能をオフにする

  12. バックステージの[情報] タブにアップロード等のボタンが追加されています

  13. ExcelやWordなどOfficeのアイコンが変更されました

  14. 表示形式で「令和」を表示できるようになりました

  15. ツールタブが表示されなくなっています

  16. バックステージのコマンドが異なっていました

スポンサードリンク



Home|Excel2019で変わったこと(気づいたこと)