Excel2016基本講座:Excel2016を起動する


スポンサードリンク


Excel2016を起動する           Topへ

  1. Windows10の場合
    1. [Windows]ボタンをクリックして、[Excel2016]タイルをクリックします。
    2. Excel2016をよく使う場合はタスクバーにピン留めしておくことができます。
      Excel2016のタイルを右クリックして、「タスクバーにピン留めする」を実行します。


      タスクバーにExcel2016のアイコンが表示されていますので、ここから起動することができます。
  2. Windows7の場合
    1. Windowsボタンをクリックして、「すべてのプログラム」から「Excel2016」を表示してクリックします。
      • Windows7の場合はExcel2013などと共存された状態でインストールされました。よって、上記の画面に古いExcelのアイコンが表示されています。
        上記画像はこのようなページを作成するのに複数のバージョンのExcelを共存している環境ですのでご了解ください。
        ただし、Excel2013とExcel2016を同時に使用する(開く)ことはできないようです。使用しない方は閉じる必要があります。
    2. Windows7にOffice2016をインストールしたら、タスクバーにExcel2016のアイコンが表示されていました。
      このタスクバーのアイコンをクリックしてExcel2016を起動することができます。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方Excel2016基本講座:目次|Excel2016を起動する