エクセル2013基本講座:医療費控除のデータを手早く入力するためのシートを作成する


スポンサードリンク


医療費控除用集計シートを作成する テーブルのセルの設定を行う
テーブルにデータを入力する 手早い入力の手順
入力したデータを集計する データを並べ替えます
ピボットテーブルを作成します 医療費の明細書を作成する

医療費控除用集計シートを作成する     Topへ

  1. Excelのシートに下図のように、データの見出しなどを入力します。
    1〜2行目は医療費や補填費の合計を表示する欄になります。途中経過を見ることができます。
    1行空けて、4行目からがデータを入力する部分になります。
    4行目に、No、支払年月日、医療を受けた人、続柄、病院などの所在地、]病院などの名称、治療内容 医薬品名など、支払った医療費 交通費、補填される金額・・・といった各見出しを入力します。
    5行目以降が入力したデータになります。2行ほど入力しています。
  2. 入力するセル範囲をテーブルにします。
    A4:I6を選択して、[ホーム]タブの[テーブルとして書式設定]→テーブルのスタイルを選択します。
  3. テーブルとして書式設定 が表示されます。
    データ範囲が正しく選択されているのを確認し、
    「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っていることを確認して[OK]ボタンをクリックします。
  4. 入力する部分がテーブルになりました。(見出し部分にフィルターボタンが表示されます。)
  5. H2:I2セルに計算式を入力します。
    H2セルに =SUM(H5:H6) と入力します。 I2セルには =SUM(I5:I6) と入力します。
    G1:I2セルは見やすいように書式を設定します。
  6. 名前ボックスをクリックすると、「テーブル1」という名前がテーブルに設定されているのが確認できます。

テーブルのセルの設定を行う     Topへ

テーブルにデータを入力する     Topへ

手早い入力の手順

  1. まず「支払い年月日」を入力します。1/9 と入力して[Tab]キーを押します。
    テーブルが拡張されます。オレンジの枠線が7行目まで伸びたのでわかります。
  2. 医療を受けた人の欄がアクティブになりましたので、[Alt]+[↓]キーを押してリストを展開します。[↓]キーを押して「山田一郎」を選択します。
    [Enter]キーを押してセルに「山田一郎」を入力します。[Tab]キーを押して右のセルをアクティブにします。
  3. 同様に、[Alt]+[↓]、[↓][↓] とキーを押して、リストの「黒川医院」を選択します。
    [Enter][Tab]とキーを押して、右のセルをアクティブにします。
  4. G:H:I列に入力して、[Tab]キーでアクティブセルを右に移動して入力します。
    最後に入力したときは[Enter]キーで確定すると、次の行がアクティブになりますので、入力がキーボードだけでスムーズに進みます。
  5. ちなみに折りたたんでいる列もちゃんと計算されていますので、ご心配なく・・・

入力したデータを集計する     Topへ

ピボットテーブルを作成します

  1. テーブル内のセルを1つ選択して、[挿入]タブの[ピボットテーブル]をクリックします。
  2. テーブル/範囲が 「テーブル1」 になっているのを確認します。
    ピボットテーブル レポートを配置する場所を選択してください。で「新規ワークシート」を選択します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  3. ピボットテーブルのフィールド で下図のように各項目をドラッグして配置します。
    行に「医療を受けた人」「続柄」「病院などの名称」「病院などの所在地」「治療内容、医薬品など」を配置します。
    Σ値に「支払った医療費」「補填される金額」の合計を配置します。
  4. 下図のように集計ができました。

医療費の明細書を作成する     Topへ

  1. 医療を受けた人〜補填視される金額の表はピボットテーブルをコピーして貼り付けています。
    貼り付けるとき貼り付けオプションで「値の貼り付け」を選択しています。
  2. 控除額の計算部分は、下表のような数式を入力しています。
    たいして難しい関数を使用しているわけではありません。
    強いてあげればD28セルの数式は =MAX(MIN(C27,100000),0) として、最小値が 0 なるようにしていますが、=MIN(C27,100000) でよさそうな気がします。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2013基本講座:目次テンプレート・アドインなど|医療費控除のデータを手早く入力するためのシートを作成する