エクセル2013基本講座:条件付き書式のセルの強調表示ルール


スポンサードリンク


指定の値より大きい 指定の値より小さい 指定の範囲内
指定の値に等しい 文字列 日付
重複する値    

セルの強調表示ルール     Topへ

指定の値より大きい     Topへ

  1. 条件付き書式を表示したいセルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[セルの強調表示ルール]→[指定の値より大きい]を選択します。
  3. 条件とする値を入力と書式を選択することができます。
    入力した値よりも大きい値のセルが対象となります。入力した値と等しい値のセルは対象外です。

指定の値より小さい     Topへ

  1. 条件付き書式を表示したいセルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[セルの強調表示ルール]→[指定の値より小さい]を選択します。
  3. 条件とする値を入力と書式を選択することができます。
    入力した値よりも小さい値のセルが対象となります。入力した値と等しい値のセルは対象外です。

指定の範囲内     Topへ

  1. 条件付き書式を表示したいセルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[セルの強調表示ルール]→[指定の範囲内]を選択します。
  3. 条件とする値を入力と書式を選択することができます。
    入力した2つの値の間にある値のセルが対象となります。

指定の値に等しい     Topへ

  1. 条件付き書式を表示したいセルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[セルの強調表示ルール]→[指定の値に等しい]を選択します。
  3. 条件とする値を入力と書式を選択することができます。
    入力した数値と等しいセルが対象となります。

文字列     Topへ

  1. 条件付き書式を表示したいセルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[セルの強調表示ルール]→[指定の値より大きい]を選択します。
  3. 条件とする値を入力と書式を選択することができます。
    入力した文字列を含むセルが対象となります。

日付     Topへ

  1. 条件付き書式を表示したいセルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[セルの強調表示ルール]→[日付]を選択します。
  3. 条件とする日付や期間と書式を選択することができます。
    選択した期間が対象となります。この日付はPCのカレンダーをもとに計算されます。

重複する値     Topへ

  1. 条件付き書式を表示したいセルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[セルの強調表示ルール]→[日付]を選択します。
  3. 「重複」を選択すると、重複した値のセルが対象となります。
  4. 「一意」を選択すると、重複しない値のセルが対象となります。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2013基本講座:目次条件付き書式|条件付き書式のセルの強調表示ルール