エクセル2010基本講座:データ追跡機能付きテンプレート ウィザードを使う


スポンサードリンク

はじめに   topへ

入力用のファイルと出力用のファイルを作成します。

設定の手順   topへ

  1. Excel2010で元になるファイルを開きます。
    [ファイル]タブの[開く]で「請求書_雛形A.xlsx」を開きました。
  2. [アドイン]タブの[メニューコマンド]グループにある「Template Wizard]を実行します。
  3. 英文のウィンドウが開きました。
    • 右下のドロップダウンリストには「請求書_雛形A.xlsx」となっています。
    • Templateの保存先は「C:\Users\yone\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\請求書_雛形A」となっています。
    [Next >]ボタンをクリックします。
  4. Wizard 2/5 が表示されました。
    • [Browse]ボタンをクリックして、ファイル名に「請求書の台帳A.xlsx」と入力しました。
      アドインがExcel2002用のためか、Excel2010形式のファイルは一覧に表示されませんので手入力としました
      下図のように拡張子が .xls のファイルは表示されますが、 .xlsx のファイル(Excel2010の標準形式のファイル)は表示されません。
      [開く]ボタンをクリックします。

      • なお、ファイル名に「請求書の台帳A」まで入力したら、右の[▼]ボタンをクリックすると、ドロップダウンメニューから「請求書の台帳A.xlsx」を選択できました。
  5. Wizard 3/5 が表示されます。
    入力用ファイル「請求書_雛形A.xlsx」のセルと出力用ファイル「請求書の台帳A.xlsx」のフィールドを対応するように設定します。
  6. Wizard 4/5 が表示されます。
    入力用ファイル「請求書_雛形A.xlsx」に現在入力されているデータは保存する必要がありませんので、「No,skip it」にチェックを入れ、[Next >]ボタンをクリックします。
  7. Wizard 5/5 が表示されます。[Finish]ボタンをクリックします。
  8. 互換性チェック画面が表示されましたので、[続行]ボタンをクリックしました。
    これで設定は終了です。

入力の手順   topへ

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2010基本講座:目次テンプレート・アドインなど|データ追跡機能付きテンプレート ウィザードを使う