エクセル2010基本講座:データ追跡機能付きテンプレート ウィザード


スポンサードリンク

はじめに   topへ

インストール手順   topへ

  1. 上記、Microsoftのページからダウンロード先へ移動しました。
  2. リンク先をクリックして、ダウンロードページへ移動しました。
  3. ファイル名は「TMPLWIZ.EXE」となっていますので、実行ファイルになっています。
    [DOWNLOAD]ボタンをクリックし、デスクトップへ保存しました。
  4. デスクトップに保存したファイルをダブルクリックして実行しました。
  5. インストールするか否かの画面が出ましたので[はい]をクリックしました。
  6. 使用許諾画面?が出ましたので[Yes]をクリックしました。
  7. [Browse]ボタンをクリックして、C:\Program Files(x86)\Microsoft Office\Office14\Library を指定しました。
    [OK]ボタンをクリックしました。
    • ここでのインストール先はOffice2010ですので、「Office14」としています。
  8. インストールが成功したとの画面が表示されました。[OK]ボタンをクリックしました。
    • ここで使用している画面は2回目の状態です。1回目の時は画面キャプチャを忘れていたのでやり直しました。
      1回目には何かインストールを失敗した・・・といった画面が出たのですが、今回は出ませんでした。
      その時は、下の「インストールは正常に終わりました」といったような文章を選択しました。
      その時も正常に?インストールできていたようでした。
  9. Excel2010を起動し、[ファイル]タブの[オプション]を実行しました。
    [アドイン]を選択すると、アクティブでないアプリケーション アドインに「Template Wizard with Data Tracking」が見つかりました。
    下の管理に「Excelアドイン」となっているのを確認し、[設定]ボタンをクリックしました。
  10. アドイン画面が表示されましたので、「Template Wizard with Data Tracking」にチェックを入れ[OK]ボタンをクリックしました。
  11. アドイン タブを選択すると、「Template Wizard」がありましたので、クリックして実行しました。
  12. このページではウィザードが起動するところまでとします。
    実際にExcel2010で使用できるかは データ追跡機能付きテンプレート ウィザードを使う を参照してください。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2010基本講座:目次テンプレート・アドインなど|データ追跡機能付きテンプレート ウィザード