エクセル2010基本講座:入力規則のリスト範囲を自動で伸ばす


スポンサードリンク

数式を使ってリスト範囲を伸ばす 名前の定義を利用する
テーブル機能を利用する テーブルの列を指定する

リスト範囲を自動でのばす     topへ

数式を使ってリスト範囲を伸ばす   topへ

名前の定義を利用する    topへ

テーブル機能を利用する    topへ

テーブルの列を利用する    topへ

  1. データ範囲をテーブルに変換しました。テーブル名は テーブル1となっています。
  2. リストを設定するセルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]を実行します。
  3. データの入力規則で、元の値に =INDIRECT("テーブル1") と入力します。テーブル名は "" (ダブルクォーテーション)でくくります。
  4. リストにテーブルの内容が表示されました。
  5. テーブルにテータを追加したら、入力規則のリストも自動で伸びました。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2010基本講座:目次入力規則|入力規則のリスト範囲を自動で伸ばす